旦那よりも義弟を愛を深める並木塔子の足裏。パンスト足舐め・屈曲位足裏がエロイ…!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/09/16
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

兄の妻 心と身体が求めた愛 並木塔子

シリーズ:


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

亭主関白な旦那と過ごす中でやってきた義弟と相思相愛になってしまい、中出しセックスするほど燃え上がってしまう・・・という作品。

登場する女優は並木塔子。持ち前の美熟女な人妻感が遺憾なく発揮されています。作品内容はかなり大雑把に分けると前半・後半といった感じで、前半は旦那に半ば無理矢理行為をさせられる感じ(結局は感じまくりますが…)で、後半は義弟と相思相愛になりお互い夢中で求めあい、最後には中出しセックスする内容になります。

足舐めのパンスト足裏、屈曲位の素足の足裏が登場

41:00 屈曲位の両足の足裏

足裏シーンは全体的には少なめですが、クオリティはそこそこ高めといったところ。足裏は素足だけでなくパンスト足裏も登場するのが特徴です。主に屈曲位と足舐めで足裏を見ることができます。

まず最初に足裏が登場するのは、旦那と屈曲位でセックスしているシーン。旦那の両肩に抱えられた両足の足裏をアップで見られます。後半の義弟とのセックスシーンでも屈曲位の足裏は登場しますが、ここほど見えやすくはないので、屈曲位の足裏が好きならここは見ておくと良いでしょう。

1:38:19 足舐めシーンのドアップパンスト足裏

次に足裏が登場するのが義弟に足舐めされるシーン。ここは左足のパンスト足裏をドアップで見られます。足舐め自体はつま先を咥える程度ですので、足裏全体がしっかり見えているのが良いですね。約20秒とそこまで長くはありませんが、ある程度じっくりと足裏を見ることはできるでしょう。

1:59:08 屈曲位の足指握りしめ足裏

その後義弟と一線を越えてしまうのですが、先程も書いた通り屈曲位のセックスシーンで足裏が登場・・・するのですが、足裏自体はそこまでしっかりとは見えません。足裏よりもつま先がよく動くのが印象的ですので、足指を握りしめてグーにしたりチョキにしたりなど、つま先の動きにこだわりがある方にオススメです。

まとめ

屈曲位気味のパンスト足裏

以上、美熟女人妻の足裏がいやらしい作品でした。アップの迫力がある足裏が登場するのは良かったですが、もう少し長時間の足裏シーンも欲しかったですね。とはいえ、並木塔子の足裏のいやらしさは十分伝わってくるので、並木塔子の足裏をお求めの方はぜひどうぞ。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏シーンは少なめだが、素足およびパンスト足裏のドアップを見られるので見応えは十分ある。

足裏ポイント
41:00 屈曲位のセックスシーン。両肩に抱えられた両足の素足の足裏をアップで見られる。見られるのは10秒とやや短時間。
1:38:19 左足のパンスト足舐めシーン。つま先を中心に足舐めされるのでパンスト足裏全体がアップでよく見えている。約20秒続く。
1:59:08 屈曲位のセックスシーン。左足の素足の足裏を見られるが一瞬のみ。足裏よりも足指を握りしめたりなど、つま先の動きが印象的。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする