【真田さな】浣腸噴射に耐える足指グーの足裏がたっぷり登場!アナル解禁に足裏も反応しちゃう!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 2.50 / 5)
2022/03/06
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

快感アナル解禁 真田さな 肛門アクメ、浣腸噴射ぶっかけ、3穴SEXで酔いしれ絶頂イキ

Japanese Foot レビュー

真田さなのアナル解禁作品。

初アナル作品とのことで、最初は小手調べに指を入れたりする程度なのですが、シーンが進むにつれて徐々に過激に。というか2シーン目からアナルセックスまでやっており、3シーン目は浣腸噴射、4シーン目では4Pで3穴を同時に責められるセックスまでやっちゃいます。本当にこれが初アナル作品なのかと思ってしまうぐらいの感度の良さも見せつけてくれたりと、なかなか刺激的な内容になっています。

見所は浣腸噴射シーン。足指グーの足裏がたっぷり登場♪

今回見所になるのが3シーン目の浣腸液注入&噴射シーン。主にM字開脚と四つん這いの2種類の体勢の足裏が登場します。そしてここの足裏ですが、浣腸注入や噴射に耐えるかのように足指をギュッと握りしめた足指グーの足裏がたくさん登場するのが大きな特徴になっています。

とにかくギュギュっと足指を握りしめています。たまに足指グーを解除するシーンもあるといえばあるのですが、圧倒的に足指グーの足裏の方が多いです。ひとつひとつの足裏シーンはそこまで長くはありませんが、足裏シーン自体の数でそこはカバーできていると言って良いでしょう。

四つん這いでも同様に足指グーの足裏が登場。四つん這いシーンはM次回客よりは少ないですが、こちらもそこそこ良い足裏を見られます。特にカメラに向かって浣腸液をブシャシャー!と吹き出すシーンでは、足指グーの足裏も一緒に見えているので要チェックです。また真田さなの綺麗なムチプリのお尻もよく見えているので、足裏+お尻の組み合わせが好きな方にもオススメです。

足裏シーンの大半は浣腸噴射シーンに凝縮されていますが、一応後半の4Pシーンでも足裏は見られます。膝立ちのパイズリ、バックのアナルセックスで足裏が登場し、中でもバックのアナルセックス中の足裏はドアップなので迫力あり。つま先が見切れがちなのが欠点ですが、それでも見応えはあるのでオススメです。

まとめ

とにかく浣腸噴射シーンの足指グー足裏が見所な作品ですので、ギュッとつま先を握りしめた足裏が好きな方は見ておくことをオススメします。アナルとか浣腸噴射が苦手な方にはちょっとキツイかもしれませんが、それでも見る価値はある足裏ですね。逆に足指を伸ばした通常の足裏は少ないので、そこは理解しておきましょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

見所は後半の浣腸液を注入され噴射するシーン。M字開脚と四つん這いの体勢で足指グーの足裏を多く見られる。

足裏ポイント
1:39:47 浣腸液注入シーン。M字開脚で主に左足の足指グーの足裏をチラチラ見られる。ひとつひとつの足裏シーンはやや短時間。
1:45:23 M字開脚で両足をそれぞれ台の上に乗せているシーン。右足は足指を伸ばした普通の足裏、左足は足指グーなのが特徴。近めのアングルで足裏を見られるのは40秒くらい。いこうの鑑賞液噴射シーンでも足裏は見えているが遠目。
1:47:33 M字開脚の浣腸液注入から噴射シーン。左足の足指グーの足裏が複数登場する。それぞれあまり長くは見られないが、そこそこ近めの足裏を見られるので見応えはある。
1:50:49 四つん這いの浣腸液注入から噴射シーン。最初は左足の足裏、途中から両足の足裏を見られる。両足とも足指グーなのが特徴。まず40秒程度、その後も再び1:51:40から注入・噴射があり足裏を見られる。
2:47:18 バックのアナルセックスシーン。足元からのアングルで両足の足裏、特に右足の足裏はガッツリ見えている。ドアップ足裏なので迫力はあるが、つま先が見切れがち。10秒ちょっと続く。

作品を購入する

作品名 快感アナル解禁 真田さな 肛門アクメ、浣腸噴射ぶっかけ、3穴SEXで酔いしれ絶頂イキ
発売日 2021-07-08
収録時間 173分
品番 1nhdtb00553
監督
メーカー
レーベル
シリーズ -
ジャンル
出演者

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする