栗山さやがしっとり足裏を中年オヤジにしつこく舐められまくる…ね~っとり舐められ接吻

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/11/01
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ね~っとり舐められ接吻 栗山さや

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

25:02 横座りの足舐めドアップ足裏

」シリーズ。

登場する女優は栗山さや。色白な清楚系美女ですが、足裏もみずみずしくしっとりとしているのが特徴です。こういったところにとても若さを感じますね!オヤジが足裏に下を伸ばして舐めまくる気持ちも分かります。作品自体が”舐め”をテーマにした作品なので足舐めはある程度登場するとは予想していましたが、かなり良い具合に足裏が見えているのでかなりオススメです。

足舐めシーンのドアップ&長時間足裏のクオリティが高い!

横座りの足舐めドアップ足裏その2

まず最初に足裏が登場するのが、2シーン目の制服姿のシーン。最初は制服姿らしく両足とも白い靴下を履いているのですが、脱がされて素足の足裏を直接舐められてしまいます。右足→両足という流れで足舐めされていき、どちらもドアップで足裏を見られるので非常に迫力があります。足舐めシーンながら手や頭がほとんど邪魔になっていないのも、かなり評価できますね!

さらに約2分と長時間続くのも魅力ですので、じっくり楽しむこともできます。このシーン以降も良い足裏はあるのですが、思わずここで抜いてしまいそうになりますね・・・!

1:12:20 うつ伏せの足舐めドアップ足裏

次に良い足裏を見られるのが3シーン目の体操着のシーン。うつ伏せの体勢で左足を持ち上げられ、足裏をベロンと舐められます。その際に、つま先は若干見切れるタイミングはあるものの、スマートな足裏全体を見ることができるのが特徴です。体操着姿の生の足裏という点も、足裏フェチとしては興奮できるポイントのひとつでしょう。

この後両足の足舐めに移行するのですが、どちらかというと左足の足舐めシーンの方が足裏はよく見えていますので、足裏をガッツリ見たい方は左足オンリーの方がオススメです。

1:15:56 お尻を突き出した体勢の足舐めドアップ足裏

さらにこの後はお尻を突き出した四つん這いの体勢でも再び足舐めが登場。先程と似たような足裏ですが、こちらもドアップ足裏なので迫力があります。プリッとお尻を突き出しているので、お尻好きな方だとプラスアルファで興奮できるかもしれませんね。またこの足裏は40秒近く続くので、ここもじっくりと楽しめます。

ちなみに少しさかのぼって2シーン目の屈曲位セックス中にも足舐め足裏が登場しますが、ここはチラリ程度の足裏なので迫力はありません。足舐め自体が好きな方向けといったところでしょう。

まとめ

55:21 屈曲位の足舐め足裏

以上、栗山さやの制服姿&体操着姿の生足裏という、コスプレ的にもなかなか興奮できる足裏を見られる良作でした。しかもドアップかつ長時間見られるというんですから、結構抜き甲斐のある作品と言えます。足舐めが好きな方にもオススメできるかと思いますので、ビビッと来た方はぜひどうぞ。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

見応えがあるのは足舐めシーンの足裏。ドアップかつ長時間見られるのでかなりクオリティが高い。足裏自体もしっとりとした綺麗な質感をしており、そそられるものがある。

足裏ポイント
25:02 白い靴下を脱がせての素足の足舐めシーン。最初は右足の足裏、途中から両足の足裏をしつこく舐められる。両足ともドアップで見られるだけでなく、約2分と長時間続くのも魅力。
55:21 屈曲位のセックス中の足舐めシーン。右足→両足の順に足舐めされるが、足裏はチラリ程度しか見えない。1:06:54でも同じくセックス中の右足の足舐めが登場する。
1:12:20 うつ伏せの体勢の足舐めシーン。左足の足舐めから入り、途中から両足の足舐めになる。最初の左足のドアップ足裏が見応えあり。足裏が見え辛いタイミングも多々あるが約1分続くのも魅力。
1:15:56 お尻を突き出した体勢の左足の足舐めシーン。左足の足裏をドアップで見られる。つま先も見られるがやや見切れがち。40秒近く続く。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする