【ドアップ足舐め】ギリシャ型美足裏をしつこく足舐め!凰かなめを、飼いならす。 4

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (6 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/04/23
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

凰かなめを、飼いならす。 4

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

Sっ気な感性を持つ凰かなめを責めに責めて、M女としての本性を引き出していくという作品。

前半最初はAV男優「一条正都」も交えての撮影の打ち合わせシーンがあり、お互いの価値観が折り合わず打ち合わせがまとまらない・・・というドキュメンタリーな出だしに。そこでスタッフは一条にあるものを託し、凰かなめのM女としての本性を引き出す撮影が始まっていきます。全体的に拘束プレイが多く、体の自由が利かない中でエッチな行為をさせられ、どんどんMな性格が開花していく・・・といったところが見所でしょうか。

内容は大きく分けて6シーンで、

  • インタビュー→足舐め&車内フェラ(足裏あり)
  • 拘束相互オナニー(足裏あり)
  • 浴室セックス
  • 全裸拘束セックス(足裏あり)
  • 完全メス犬性奉仕(足裏あり)
  • メイドコス大乱交(足裏あり)

といった流れになります。内容は全体で200分(MGS動画では追加で20分のオマケ映像付き)とボリュームは大きめです。

前半で足舐めシーン多数登場!唾液にまみれたドアップ足裏は必見

右足の足舐め

まず今回の作品は1シーン目と2シーン目で足舐めシーンが多く登場するのが特徴的で、足舐め中にドアップ足裏を見ることができます。1シーン目も2シーン目もそれぞれで良いところがあり甲乙つけがたいですね。

まず1シーン目の車内での足舐めシーンですが、凰かなめのヒールを脱がせて半ば無理矢理足舐めをするので、凰かなめの恥ずかしがるリアクションを見られるのがまずドキッとしますね。そんな中で見られる唾液にまみれた足裏もまた興奮できます。最初は後部座席からの遠目の足裏ですが、途中からドアップ足裏になるのが特徴。トータルではまとまった時間見られるので、ある程度じっくりと楽しみたい方にも向いているでしょう。

44:41 右足の足舐めドアップ足裏

そして2シーン目は建物内で全裸にさせられ、拘束された状態の足舐めが登場。左足→右足と足舐めをされていき、それぞれでドアップ足裏を見られます。最初は足舐めに対してやや抵抗しているものの、シーンが進んでいくと徐々に受け入れ始めているのが印象的です。特に両手を拘束されてからの足舐めで見られるドアップ足裏は、正面からしっかりと見られるようになっているので要チェックです。途中大股開きのクンニシーンでも長時間足裏が登場するのでこちらもお見逃しなく。

M字開脚の両足のドアップ足裏

3シーン目以降は、1,2シーン目と比べると足舐めや足裏の量は少なくなりますが、それでもやや見応えのある足裏シーンは登場します。特に4シーン目の両手・両足を拘束された状態のM字開脚足裏は、アングルによるものなのか、ムッチリとした若干肉厚な足裏に見えるのが特徴的です。シーンによっては足裏の一部が欠けつつもドアップで見られるので迫力もあります。通常のスレンダー足裏とは違ったムッチリ足裏を見たい方にオススメです。

黒パンスト足裏の足嗅ぎ足裏

また、後半最後の6シーン目では、1ヵ所のみですが網タイツの足裏が登場するのもポイント。網タイツ足裏をゼロ距離で嗅がれるというフェチプレイも兼ねています。

まとめ

42:28 大股開きの長時間足裏

以上、まず足舐めの足裏がメインで、その次にM字開脚の拘束シーンの足裏が見応えのある作品でした。デビュー作とは違って足の動きが多くじっくりと観察できるシーンは少ないですが、迫力のある足舐めと同時に見られる足裏が好きな方にはオススメできます。中でも車内の足舐めで見せる凰かなめの恥ずかしがるリアクションは興奮できるので、お見逃しなく。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

前半に足舐めシーンが多く、同時に足裏が見えるチャンスも多い。ドアップ足裏が多く足舐め自体の迫力もある。中盤にはM字開脚の拘束足裏などもあったりと、全体的に足裏シーンは多い。

足裏ポイント
16:49 ヒールを脱がせての足舐めを後部座席から。最初の左足の足裏は見えないが、右足の足舐めから足裏が見えるようになる。遠目な足裏だか途中からドアップの足舐めに移るのが特徴。唾液で足裏がテカっているのも見られる。また凰かなめの恥ずかしがる反応も良い。
37:50 左足の足舐めシーン。左足の足裏をドアップで見られる。唾液でテカるのも特徴的。この後右足に移るが、足裏を見られるのは短時間のみ。
42:28 大股開きのクンニシーン。左足の足裏を50秒弱見られるのが特徴。ただし親指以外のつま先が見え辛いか、もしくは見切れている。
44:41 右足の足舐めシーン。先程とは違って真正面からドアップ足裏を見られるのが魅力。10秒とやや短時間なのが惜しい。
1:40:59 両手・両足を拘束された状態でのクンニシーン。右足の足裏全体がやや遠目だが見えている。逆光でシルエットが見えるような感じなのが特徴。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする