南米ハーフギャル(桜アン)のデカ尻騎乗位足裏がドエロ!褐色ギャルの尻と足裏をご覧あれ!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2022/03/31
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ブンブン杭打ち騎乗位が半端ないっ!デカ尻南米ハーフギャルAVデビュー!!

Japanese Foot レビュー

日本とブラジルのハーフというロベルト美浦アンナのデビュー作品。

このロベルト美浦アンナですが、分かる人にはわかるでしょうが後の桜アン(高城アミナ)です。桜アンは日本とスペインのハーフとツイッターで書いていますが、どちらが本当なのでしょうかね。ロベルト美浦アンナ名義の作品はこれだけのようなので、スペインの方が本当っぽいですが。まぁ褐色のエロギャルならどこでも良いんですけどね!エロければヨシ!!

内容は大きく分けると前半はナンパハメ撮りな感じで、後半はAVデビュー作品のようなちょっと変わった構成になっています。どのシーンでもノリノリのハイテンションながら、エッチなシーンではちゃんとエロいのが流石ギャルですね。

見所は後半の騎乗位シーン!尻+足裏がいやらしい!

1:50:02 顔面騎乗位の足裏

足裏が登場するのは後半のセックスシーン。騎乗位の足裏をメインに見ることができます。全体的に基本迫力は控えめですが、お尻と一緒に足裏を見られるのが魅力になります。

まず最初に足裏が登場するのが顔面騎乗位。褐色のデカ尻を顔全体で味わえる素晴らしいシーンですが、引いたアングルで両足の足裏が見えているのが特徴。ムチ尻で視界はさえぎられているでしょうが、両サイドにある足裏の存在感を感じながらの顔面騎乗位は天国でしょうねぇ~。

足乗せ騎乗位の足裏

次に見応えがあるのは、やはり騎乗位のセックスシーン!最初は通常の騎乗位でチラリと足裏が見える程度なのですが、しばらくすると足乗せ騎乗位に移行!そこからある程度足裏が見えやすくなるのが良い点ですね。当然プリプリした褐色のお尻も常に見えているので、大変いやらしい光景になっております。途中足裏が見え辛いタイミングがありつつも、約1分半と長時間続いてくれるので見応えのあるシーンのひとつです。

体勢を変える際の足裏全体

騎乗位セックス以外でも、例えば体勢を変える際に正常位や屈曲位気味の足裏が一瞬見られたりするのも特徴です。短時間なので一時停止は必須ですが、足裏全体はよく見えているので見る価値はあります。

M字開脚の足裏その3

セックスシーンの合間には、本気汁を垂れ流しながらのM字開脚で足裏が見えたりも。このように長時間ではないにしても、騎乗位以外も足裏がチラチラ見えるのも魅力の作品ですね。

まとめ

27:16 四つん這いの足裏

以上、後半のセックスシーンで見られる騎乗位の足裏などが魅力の作品でした。ハーフの黒ギャル・褐色ギャルという要素も足裏のいやらしさをグッと引き上げているので、ギャルの足裏が好きな方にもオススメできそうな作品です。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

後半最後の騎乗位シーンで複数の足裏が登場。迫力は基本控えめだが、お尻と一緒に見える足裏がかなりいやらしい。セックスシーンでも短時間ながら足裏全体が見えるので要チェック。

足裏ポイント
27:16 四つん這いのクンニシーン。やや距離があるが右足の足裏が見えている。つま先は見切れがち。足裏がある程度見えやすいのは1分程度。
1:50:02 顔面騎乗位シーン。やや遠めだが両足の足裏が見えている。しばらくすると近めのアングルになる。30秒程度続く。
2:08:12 指を入れられた状態の騎乗位シーン。両足の足裏のかかと部分が近めで見えている。見応えは微妙だが1分40秒くらい続くのが魅力。最後体勢を変える際に一瞬だけ足裏全体を見られる。
2:22:23 騎乗位のセックスシーン。両足の足裏を見られる。最初はチラリ程度だが、足乗せ騎乗位に移ってからは見えやすくなる。途中足裏の大部分が見切れるタイミングはあるものの、約1分半続くのが魅力。直後の屈曲位に変わる際には一瞬だけ左足の足裏全体を見られる。
2:24:49 屈曲位のセックスシーン。右足の足裏が見えている。15秒程度続く。また、この後のM字開脚でもチラリと両足の足裏が見えていたりもする。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする