泉りおんが父親に足裏を丹念に舐められる…無職になったお父さんと親子水入らず中出し近親相姦

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/06/24
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

引きこもりの娘は昔のままのAカップ!そして無職になったお父さんとの真っ昼間、親子水入らず2人っきりのいやらしい時間!! 泉りおん

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

勤めていた会社をリストラされた父親が、引きこもりの娘と中出し近親相姦エッチしてしまう作品。

登場する女優は泉りおん。素晴らしいロリっ子フェイスにロリっ子体形ですね。リアルな娘感が出ていて良いです。そして、そんな娘の小さなおっぱいを見てしまいトイレでオナる父親の情けなさよ・・・。それでも結局娘とエッチしてしまうというんですから、大変けしからんですね。

内容は大きく分けて3シーンで、

  • トイレでオナりながらの妄想フェラ
  • 初セックスシーン(足裏あり)
  • 中出しセックス(足裏あり)

といった内容になっています。

全体的に足裏は意外とあり!見所は足舐めシーン

1:32:26 足舐めシーンの足裏

今回の作品の足裏シーンは全体的に意外と登場します。中でも一番存在感を放っているのが、後半の足嗅ぎ→足舐めシーン。足裏をドアップで見られるだけでなく、足舐めプレイ自体も迫力のある出来になっています。ただし男優の手や顔が邪魔なので、足裏自体はやや見辛さがあるのが惜しいですね。なので、どちらかというと足舐め重視な内容といえるでしょう。このシーン自体2分程度続くので、その中で足舐めやアップの足裏をまとまった時間見られるのも魅力です。

足舐めシーンのドアップ足裏

足舐め自体は非常にねっとりとした感じで、娘の足裏や足指の間を丹念に舐めまわしています。唾液でテカる感じもややありますので、足舐めプレイが好きな方、さらに父娘というシチュエーションが好きであればかなり燃えるシーンかと思います。

うつ伏せのフェラの足裏もそこそこ見応えあり

うつ伏せのフェラシーンのチラリ足裏その2

その他、うつ伏せの体勢のフェラシーンでも足裏を見られるのが印象的。このうつ伏せの足裏は初セックスシーンと中出しセックスシーンの2か所で、ほとんど同じ体勢の足裏が登場するので、この体勢の足裏が好きな方には嬉しい内容となっています。

アングル的にどうしても奥の方に足裏があるので迫力は控えめですが、まとまった時間足裏を見ることができます。特に後半のうつ伏せ足裏は長時間見られますので要チェックですね。

まとめ

1:40:50 M字開脚の右足の足裏

さらにM字開脚のアップの足裏もあったりと、全体的になかなか見所のある作品ですので、父娘相姦というシチュエーションで見られる足裏、さらに足舐めプレイなどに興奮する方にオススメです。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏シーンは意外と登場、長時間足裏もあればドアップ足裏もあったりと内容は充実している。足舐めシーンの足裏が見所だが、その他の足裏もそれなりに見応えはある。

足裏ポイント
1:01:14 うつ伏せの体勢のフェラシーン。曲げた両足の足裏が奥に見えている。
1:32:26 足嗅ぎからの足舐めシーン。ドアップの足裏が映るが手や顔が少々邪魔なのでフェチプレイ重視といったところ。足舐めなどのプレイ自体は2分程度続くので、その中でまとまった時間足裏を見られるのが魅力。
1:40:50 M字開脚シーン。最初の数秒は右足の足裏全体をややアップで見られる。足指をクニクニ動かすところが印象的。その後も右足の足裏は映るがつま先は見切れてしまう。
1:50:48 うつ伏せのフェラシーン。両足の足裏が見えているが、日光が強く当たりすぎて見辛さがあるシーンがある。全体的にやや遠めなので迫力は控えめだが、2分弱と長時間見られるのが魅力。

作品を購入する

作品名 引きこもりの娘は昔のままのAカップ!そして無職になったお父さんとの真っ昼間、親子水入らず2人っきりのいやらしい時間!! 泉りおん
発売日 2018-12-19
収録時間 128分
品番 h_1215dayd00025
監督 -
メーカー
レーベル
シリーズ
ジャンル
出演者

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ(管理人)

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする