松本いちかのまんぐり返し&屈曲位足裏!ロリっ子美少女と中年オヤジの恋の物語

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (9 投票, 平均: 4.78 / 5)
2021/05/31
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

家出少女とオジサンの小さな恋の物語 松本いちか

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

家出したという制服少女を家に泊めてあげる中年オヤジだが、次の日も家に帰らない少女。いつの間にか中年オヤジに恋心を抱いており、エッチはエスカレートしていきついに一線を越えてしまうという作品。

登場する女優は松本いちか。元々のロリっ子フェイスに制服姿がよく似合っています。まぁ制服姿なのは冒頭だけで、あとはパジャマ姿などがメインなのですが、それでも良いロリな雰囲気が出ております。

内容は大きく分けて5シーンといったところで、

  • 入浴シーン
  • フェラ抜きシーン
  • オモチャ責めシーン(足裏あり)
  • 中出しセックスその1(足裏あり)
  • 中出しセックスその2(足裏あり)

といった流れになっています。

まんぐり返しの屈曲位の足裏が見応えあり!

1:13:08 まんぐり返しの足裏

今回の作品で足裏が登場するのは3シーン目以降になります。M字開脚のオモチャ責めシーンの足裏から始まり、四つん這いや両足上げ、まんぐり返し、セックスシーンの足裏なども登場したりと、意外と足裏を多く見ることができます。中でも特に足裏をしっかりと見られるのが、4シーン目のまんぐり返しと、5シーン目の屈曲位のセックスシーンになります。

まず4シーン目のまんぐり返しの足裏ですが、見下ろすアングルで両足の足裏全体がよく見えているのが特徴。長時間続くわけではありませんが、ある程度まとまった時間は見られるのもそれなりに良い点ではあります。また足裏の色が黄色っぽいのも特徴で、どこか個性を感じますね。大勢自体のエロさもあり、人によってはかなり抜けるシーンかもしれませんね。

2:03:03 屈曲位の両足の足裏

後半5シーン目の最後あたりで登場する屈曲位のセックスシーンでも足裏が登場。ここは両足をそろえて持ち上げた体勢なので、両足の足裏が見えているのが特徴になります。斜めからのアングルなので少し見え辛さがありますが許容範囲といったところ。この他にも駅弁やだいしゅきホールドで足裏が見られるシーンはあるものの、いずれもチラリ程度になりますので、セックス中の足裏で一番見えやすいのはやはりこの屈曲位の体位になります。セックス中の足裏が好きな方は要チェックですね。

その他にも、中盤のM字開脚のオモチャ責めシーンでも足裏全体を見られるタイミングがありますので、そちらもお見逃しなく。途中でやや足裏が見え辛くなりますが、足指を握りしめるシーンがあったりと、見所はあります。

まとめ

1:11:59 両足を持ち上げた体勢のクンニシーンの足裏

以上、まんぐり返しと屈曲位のセックスシーンの足裏が見応えのある作品でした。全体的に足裏の迫力は控えめですが、意外と足裏は登場するのでそれなりに楽しめる内容になっています。ロリっ子美少女と中年オヤジの恋愛ドラマを楽しめるのであれば、より足裏シーンも興奮できるでしょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏が登場するのは中盤あたりから。足裏が見えやすい体勢としてはまんぐり返しや最後の屈曲位のセックスシーンなどがある。

足裏ポイント
48:36 両膝を抱えたような体勢のオモチャ責めシーン。最初だけ右足の足裏全体が見え、以降は足裏が下を向いてしまいやや見辛くなってしまう。それでも良ければ長時間なシーン。途中足指を握りしめるシーンがあるのも特徴。
1:11:59 両足を持ち上げた体勢のクンニシーン。短時間だが右足の足裏全体を見られる。
1:13:08 まんぐり返しの体勢のシーン。上から見下ろすアングルで両足の足裏全体がしっかりと見えているオススメシーン。14秒程度とややまとまった時間見られるのも良い点。
1:37:45 M字開脚の足舐めシーン。左足の足裏がチラリと少しだけ見えている。
2:03:03 両足をそろえて持ち上げた屈曲位のセックスシーン。斜めからのアングルだが両足の足裏全体が見えているのが特徴。15秒程度続く。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする