互いの足を舐めあうレズビアン。杏咲望のギリシャ型足裏が魅力的!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (3 投票, 平均: 4.33 / 5)
2021/11/23
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Japanese Foot レビュー

2人の美女がお互いの足を舐めあったりと、美脚を強調したレズプレイが続く作品。

登場する女優は4組で、1組目から「生駒はるな×仁美まどか」「佐々木恋海×月野こころ」「杏咲望×鳴月らん」「水嶋あい×大森玲菜」となっています。またOLや学生、ナースなどのコスプレした状態のプレイなのも特徴です。当然ながら全編通してレズプレイ満載なので、おっさん男優は一切でてきません。

ちなみに「生足美脚レズビアン」というタイトル通り、”脚”フェチ要素がかなり多い作品なので、大量の足裏シーンを期待するとガッカリすることになるでしょう。とはいえ、良い足裏は登場するので今回はそちらをご紹介します。

佐々木恋海のドアップ足裏が登場

42:58 2組目。佐々木恋海の足舐めシーン

まず最初に足裏がある程度しっかり見えるのが、2組目の「佐々木恋海×月野こころ」のシーン。佐々木恋海の足裏しか登場しないのですが、月野こころに足舐めされる際にドアップ足裏が登場します。足舐めシーンではちょっと月野こころの手が邪魔なのですが、つま先は割と見えている方なのでまぁヨシとしておきましょう。足舐め自体もドアップで見られたりとかなり迫力があるので、足舐めプレイが好きな人にもオススメ。

佐々木恋海の足で乳首をいじるシーン

足舐め後には佐々木恋海の足を持って乳首をいじるシーンに移り、ここで佐々木恋海の足裏全体がしっかり見えます。先程と違って月野こころの手が邪魔ということもありませんので、ガッツリ足裏全体を見たい方は要チェックです。

杏咲望のハッキリしたギリシャ型足裏は必見!

1:12:54 3組目。杏咲望のドアップ足裏

そして足裏フェチとして絶対に見ておきたいのが、3組目の「杏咲望×鳴月らん」の足裏シーン。杏咲望のギリシャ型足裏が登場するのですが、人差し指がポコッと出ており、かなりハッキリしたギリシャ型足裏なんです。タイプとしてはかなり加賀美まりに似ていますね!

そんな足裏を足舐めシーンと、脚に股間を擦り付けられるシーンの2か所で見ることができます。いずれもつま先はよく見えているので、ギリシャ型の形はよく分かりますし、アップで迫力があるのも良いですね。ギリシャ型足裏が好きな方は絶対に見ておきたいシーンのひとつです。

まとめ

1:15:12 杏咲望の足裏

以上、佐々木恋海と杏咲望の2人の足裏がメインの作品でした。足裏フェチ的にはやはり杏咲望のギリシャ型足裏は見逃せませんね・・・。ドアップでまとまった時間足裏を見られるのも良い点ですので、ギリシャ型足裏が好きな人がぜひチェックしてみてください。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(生駒はるな×仁美まどか)

足裏ポイントなし

足裏ポイント
なし

    2人目(佐々木恋海×月野こころ)

    足裏を見られるのは佐々木恋海のみ。ドアップで長時間続くので見応えあり。

    足裏ポイント
    42:58 佐々木恋海が月野こころに足舐めされるシーン→足指での乳首責めシーン。ドアップ足裏なので迫力がある。足裏が見えやすいのは3分程度と長め。

    オススメ!3人目(杏咲望×鳴月らん)

    杏咲望の足裏のみ登場。かなりハッキリしたギリシャ型足裏なのが大きな特徴。ドアップで足裏を見られたりと見応えがある。

    足裏ポイント
    1:12:54 杏咲望が鳴月らんに足舐め・足嗅ぎされるシーン。右足のハッキリしたギリシャ型足裏をドアップで1分20秒程度見られる。
    1:15:12 杏咲望の脚に鳴月らんが股間を擦り付けるシーン。先程と同じく杏咲望の右足の足裏が見えている。ここは足裏に手が被っていたりしないので、全体がよく見える。20秒程度続く。この後も見上げるアングルの足裏が登場。

    4人目(水嶋あい×大森玲菜)

    足裏がチラチラと見えるシーンは多いが、見応えのある足裏シーンはほぼ無い。

    足裏ポイント
    なし

      作品を購入する

      この記事を書いた人

      タワシ

      足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

      コメント

      まだコメントはありません。

      コメントする