桐山結羽や大浦真奈美のM字開脚足裏が見所!第6回ノーパンスウェット染みたら負けよ電マ濡れ我慢対決

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 4.00 / 5)
2022/10/01
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

登場するのは3組計6人で、「花宮レイ&桐山結羽」「一乃瀬るりあ&後藤由乃」「須崎まどか&大浦真奈美」の順で登場します。6人の中で一乃瀬るりあだけギャルな感じなのがアクセントになっていて良いですね。結構印象に残ります。

オススメは一組目の桐山結羽!M字開脚で肉厚足裏を披露!!

今回もシリーズ他作品と同様、主にM字開脚シーンで足裏が登場します。一応6人全員足裏を見られるっちゃ見られるのですが、内容にはやはり差があります。

6人の中でも特に見応えのある足裏を見せてくれるのが、一組目の桐山結羽!M字開脚のオモチャ責めの最中に足裏全体をしっかり見せてくれます。特に33:29のお漏らししちゃうシーンでは、左足の足指グー足裏を見られるので要チェックです!あと桐山結羽の足裏はなかなかの肉厚足裏なのも特徴的で、可愛らしい見た目に反してインパクトがある足裏なのが、どこかギャップを感じられて興奮できますね!!

三組目の大浦真奈美もM字開脚シーンでドアップ足裏を見せてくれたりなど、そこそこ見応えがあります。ただしM字開脚オモチャ責め中ではつま先が見切れているのが欠点。つま先も含めて足裏を見たいのであれば、オモチャ責め終了後のシーンがオススメです。ここなら程良く引いたアングルで足裏全体を長時間見ることができます。

その他の女優さんの足裏については短時間なものが多いので、過度な期待は禁物といったところです。ただし二組目の一乃瀬るりあは屈曲位の足裏が登場したりもするので、見応えはなくはないです。セックスシーンの足裏については大浦真奈美も立ちかなえの足裏を見られるので、こちらも要チェックです。

まとめ

以上、一番のオススメは一組目の桐山結羽、その次に三組目の大浦真奈美、といったところでしょう。全体的に足裏シーンの数は少なくはないのですが、クオリティと約4時間という作品のボリュームを考えると、うーんといった感じ。M字開脚の拘束オモチャ責めという足裏フェチ的には期待できるシチュなので、正直もうちょっと他の女優さんも足裏をガッツリ見せて欲しかったところです。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(花宮レイ&桐山結羽)

2人とも足裏は登場するが、桐山結羽の方がまとまった時間見られる。

足裏ポイント
29:41 桐山結羽の両足のM字開脚足裏が登場。やや近めで15秒程度続く。その後引いたアングルになっても足裏はチラチラ見えている。
33:29 桐山結羽がお漏らししながら左足の足指グー足裏を見せてくれるシーン。35秒くらい続く。

2人目(一乃瀬るりあ&後藤由乃)

見応えはあまり無い。M字開脚は後藤由乃、罰ゲームのセックスでは一乃瀬るりあの足裏が少し登場。

足裏ポイント
2:25:48 一乃瀬るりあの屈曲位のセックスシーン。右足の足裏全体を3秒程度見られる。

3人目(須崎まどか&大浦真奈美)

大浦真奈美の足裏がメイン。M字開脚のオモチャ責め終了後の足裏が見所。

足裏ポイント
2:53:13 大浦真奈美のM字開脚オモチャ責めシーン。左足のドアップ足裏を見られるが、つま先が見切れてしまっているのが残念。一応1分くらいは続く。2:54:41でも同様の足裏が登場。
2:58:22 オモチャ責め終了後の大浦真奈美のM字開脚足裏シーン。程良く引いたアングルで左足の足裏全体を見られる。その後さらに引いたアングルになり、須崎まどかのチラリ足裏も含めて見られる。40秒くらい続く。
3:38:33 大浦真奈美の立ちかなえのセックスシーン。右足の足裏を見られ、割と見えやすいのは25秒程度。最初足裏全体が見えているのがポイント。

作品を購入する

作品名 第6回ノーパンスウェット染みたら負けよ電マ濡れ我慢対決
発売日 2019-08-10
収録時間 230分
品番 hjmo00412
監督
メーカー
レーベル
シリーズ
ジャンル
出演者

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする