【奏音かのん】足裏を見せながら義兄に責められまくる若妻…。弱みを握られた人妻が中出しセックスにも無関心を貫く作品。

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2022/09/09
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

色白スレンダーな弟の嫁を言いなりにしています。中出しをしても彼女は私に無関心です―。 奏音かのん


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

登場する女優は奏音かのん。可愛らしい若妻として登場するのですが、過去にパパ活をしていたという弱みを義兄に握られてしまってヤラれてしまう作品になります。義兄に好き放題ヤラれていても最初は無関心を貫いて対抗しているのですが、作品が進むにつれて徐々に感じていってしまうところが見所です。

もちろんセックスシーンの最後には中出しフィニッシュも登場。前半は無反応ですが、後半は感じまくっているのが印象的です。

後半に足裏が複数登場!長時間足裏があるのが魅力!!

1:07:46 M字開脚の足裏その2

後半に複数の足裏が登場するのが特徴。基本的に迫力は控えめなんですが、長時間見られる足裏シーンがあるので、じっくり足裏を見たい方にオススメです。ちなみに前半にはパパ活の時の足裏や、M字開脚の足舐め中の足裏が登場したりします。

まず後半で足裏が登場するのが、M字開脚のオモチャ責めシーン。右足の足裏全体がよく見えているのが特徴。奏音かのんの縦長かつ足指長め、さらにどこかしっとりしているような足裏がなかなかのエロさがあります。30秒ちょっとと意外とまとまった時間見られるのも魅力なので、さっそくここからじっくり足裏を楽しめます。

1:16:56 右足を抱えあげられた体勢の足裏

右足を抱えあげられた体勢のオモチャ責めシーンでは、やや遠めですが再び右足の足裏が登場。迫力が無いかわりに、40秒くらい続きます。さらにその後両膝を抱えたような体勢の足裏も登場したりと、連続して足裏が登場するのも特徴です。

1:25:51 土下座足裏

後半最後のセックス前のシーンでは、ちょっと珍しい土下座足裏も登場。ほんのチラ見え程度ですが、こういうチラ見え足裏がまた良いんですよね。

なお、肝心のセックスシーンではガッツリ足裏が見られるシーンはありませんので、セックス中の足裏が好きな方は期待しない方が良いでしょう。

まとめ

両膝を抱えたような体勢の足裏その2

以上、迫力のある足裏はありませんが、じっくり足裏を見られるのが特徴の作品でした。奏音かのんの足裏自体もかなり良い形をしているので、グッと来る方も多いかもしれませんね。義兄に弱みを握られてヤラれる・・・というシチュエーションもなかなか興奮できるものがあるかと思います。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

中盤以降で複数の足裏が登場。基本的に迫力は控えめだが、その分まとまった時間見られるのが魅力。土下座のチラ見え足裏があるのもポイント。

足裏ポイント
12:41 M字開脚の足舐めシーン。右足の足裏のつま先部分を中心に見られる。近くで見られるのは40秒弱。以降は遠めの足裏になる。
1:07:46 M字開脚気味のオモチャ責めシーン。右足の足裏全体を見られる。30秒ちょっと続く。
1:16:56 右足を抱えあげられた体勢のオモチャ責めシーン。右足の足裏全体を40秒くらい見られる。さらに1:18:14からは両膝を抱えるような体勢の右足の足裏も、30秒弱登場。
1:25:51 土下座シーン。チラ見え程度だが両足の足裏が見えている。10秒程度続く。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする