【美森けい】色の濃い足裏を見せながら夫の上司にヤラれる人妻!拒否しながらも感じまくり子作りしてしまう!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
2023/09/16
0

夫の上司に抱かれ子づくりしてしまった妻 美森けい

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

登場する女優は美森けい。夫の精子無力症で妊娠が期待できない中、さらに夫が上司からのパワハラに苦しめられる。そんな夫の上司に直接話をしようと自宅に誘うも、逆に襲われ子作りレイプされてしまう・・・という内容です。

セックスシーンは前半後半あり、中盤には短めですがフェラ顔射シーンも登場します。後半のセックスシーンは泥酔した夫の横でヤラれまくるのもポイント。拒否しながらも感じまくり、夫以外の男性と子作りしちゃうというシチュがまた背徳感がありますね。そしてそんな中で見せてくれる足裏がまたエロイんです。

前半はM字開脚や屈曲位、後半は側位の足裏が見所!足裏の見え具合も良好なながえスタイルらしい作品

足裏シーンは前半後半ともに登場。前半はM字開脚や屈曲位、後半は側位のセックスシーンを中心に足裏を見られます。ドアップ足裏も一部ありますが、長時間足裏の方が多め。足裏の見え具合も良いのがながえスタイルらしさを感じますね。また、色の濃い足裏自体もなかなかのエロさを放っております。

まず最初に前半は、24:58からM字開脚クンニで右足の足裏全体が近めで登場。最初は10秒程度しか見られませんが、27:51からはややピンボケしているものの1分くらい、29:12からも50秒くらい足裏を見られたりと、ここら辺はM字開脚の足裏が豊富です。

屈曲位のセックスシーンでは左足の足裏がいくつか登場。最初は側面から少し足裏が見えているものが45秒くらいと長く続きます。足裏の見え具合は良くないので見応えは微妙ですが、続く35:50では見下ろすアングルでガッツリ足裏全体を3秒程度見られたりするので、ここも要チェック。これが長く続いてくれれば最高だったのですが・・・。

さらにこの後のクンニシーンでは力強い足指パー足裏も見られたりと、細かいところで良い足裏が登場したりもします。

後半も細かい足裏シーンも含めれば色々あるのですが、一番見応えがあるのが1:40:09の側位のセックスシーンです。両足の足裏→足舐めの足裏→左足の足裏と続き、特に両足と左足の足裏が見えているシーンは、足裏全体がよく見えているのでかなりオススメです。トータル1分10秒くらいと長時間続くのも魅力のシーンなので、セックスシーンの足裏が好きなら要チェックです。

その他の足裏シーンとしては、後半の夫がお使いに行っている最中にイタズラされるシーンでは、M字開脚の足指パー足裏が見られたりもします。短時間なのがネックですが、それさえ気にならなければ見応えのあるシーンかもしれません。

まとめ

ということで、夫の上司に手を出されてしまう人妻を演じる美森けいの足裏を見られる作品でした。足裏の見え具合が良く、長時間足裏が複数あるのが良かったですね。色が濃く良い香りがしそうな足裏も魅力的でした。背徳感のあるシチュの足裏が好きな方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

前半はM字開脚や屈曲位の足裏、後半は側位な体勢の足裏が見所。長時間足裏が複数あるのが魅力。色の濃い足裏のエロさにも注目。

足裏ポイント
24:58 M字開脚のクンニシーン。右足の足裏全体を10秒程度見られる。27:51からも同じ体勢の右足の足裏が登場し、ピンボケしているが1分くらい続く。さらに29:12からも50秒くらい見られたりと、ここらへんはM字開脚足裏が豊富。
33:33 屈曲位のセックスシーン。左足の足裏が側面から少し見えており、45秒くらい続く。35:50からは見下ろすアングルでやや近めの左足の足裏全体を3秒程度見られ、その後もチラチラ足裏の一部が見えている。さらにこの後のクンニシーンでは力強い足指パーも見られたりと、細かいところに魅力がある。
1:40:09 美森けいだけ側位な体位のセックスシーン。両足の足裏全体→足舐めの足裏→左足の足裏と続く。途中足裏が見え辛いタイミングはあるものの、1分10秒くらいと長時間続く。迫力も結構ある。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする