部下の女子社員を連れ帰りセックスを盗撮!チラリと映るOL足裏がエロイ作品

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/06/08
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

気になる女子社員を自宅に連れ込み成功! SEX隠し撮りからノリと勢いでハメ撮り性交!?

Japanese Foot レビュー

気になっていた部下の女子社員を自宅に誘い口説いた末に、中出しセックスまでしてしまうという作品。

登場する女優は4人で、1人目から「永澤ゆきの」「堀北わん」「宇流木さら」「陽葵ゆめ」の順。作品タイトルの通り、最初は盗撮アングルがメインですが、途中からハメ撮りへと変わるのが特徴です。

足裏を見ることができるのはほぼ盗撮アングルのシーンだけですが、OLの足裏をコッソリ撮影しているというシチュエーションはなかなかに興奮できるのではないでしょうか。真正面から足裏にカメラを向けて恥ずかしがる姿も良いですが、やはり足裏フェチとしてはチラリと見える足裏にこそ真の価値があると思っているので、やはり盗撮アングルの足裏は外せませんね。

【パンスト&素足】良い足裏が登場するのは1人目の永澤ゆきの

32:53 四つん這いの足裏

今回比較的良い足裏を見ることができるのは、1人目の永澤ゆきの。彼女の足裏はまずパンスト足裏と素足の足裏の2種類を見られるのが大きな特徴になります。それぞれM字開脚や四つん這いシーンで足裏を見ることができます。

特に四つん這いのシーンでは、足元からの盗撮アングルで右足の足裏全体をまとまった時間見られるので、足裏目的でこの作品を見るのであれば必見のシーンです。しかも1シーンだけではなく、一旦おしりアップのアングルを挟んだ後、再び同じ足裏を見られるのも良い点です。

ただ、パンスト足裏と素足の足裏の2つの足裏を見られるのは良かったですが、正直もう一押し足裏シーンが欲しかったです。できればセックスシーンの足裏があるとより良い内容になったでしょう。

2人目以降でも足裏自体は登場する

1:22:46 2人目。体育座りのチラリパンスト足裏

ちなみに2人目以降でも、堀北わんと宇流木さらで足裏が登場します。堀北わんはパンスト足裏のつま先部分、宇流木さらは膝立ちの足裏全体、といった内容になっています。いずれもほぼその足裏シーンオンリーなので、全体的には少し物足りない内容にはなっています。

まとめ

膝立ちの足裏その2

以上、4人中3人の足裏を見られ、中でも1人目の永澤ゆきのの足裏がそこそこ見応えのある内容の作品でした。女性の足裏をどうしても盗み見てしまう・・・という足裏フェチなブラザーなら気に入るかもしれませんね。「本気(マジ)口説き」シリーズなんかは、盗撮アングルの作品としては結構似ているのではないでしょうか。盗撮足裏が好きならこちらもオススメです。

ちなみに、MGS動画では配信されていませんので、XCITYやFANZA通販などをチェックしてみると良いでしょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(永澤ゆきの)

パンスト足裏と素足の足裏の2種類が登場するのが特徴。四つん這いの体勢の足裏は特によく見えているのでオススメ。

足裏ポイント
24:50 M字開脚で下着越しに股間をいじられているシーン。両足のパンスト足裏が見えているが、つま先は見切れている。約50秒続くのが魅力。
32:53 四つん這いシーン。足元からのアングルで右足の足裏全体が見えている。まず30秒続き、一旦お尻のアップになってから、34:19から再び30秒程度同様の足裏を見ることができる。

2人目(堀北わん)

冒頭の談笑しているシーンでパンスト足裏がチラリと見えるのみ。

足裏ポイント
1:22:46 体育座りの体勢のシーン。両足のパンスト足裏のつま先部分が見えている。

3人目(宇流木さら)

足裏は膝立ちシーンのみ登場。

足裏ポイント
2:37:41 ソファの上で膝立ちになるシーン。遠目のアングルで両足の足裏全体を短時間だが見ることができる。最初のややアップの足裏は一瞬しか見られない。

4人目(陽葵ゆめ)

足裏ポイントなし

足裏ポイント
なし

    作品を購入する

    この記事を書いた人

    タワシ

    足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

    コメント

    まだコメントはありません。

    コメントする