当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Japanese Foot レビュー

バイオハザードのクレア・レベッカ・アシュリー・シェリーが、汚らしい男達やモンスターに犯されまくってしまうというCG集になります。絵柄はアニメ寄りな感じではありますが、原作の登場人物の特徴はしっかり描かれているので、しっかりバイオのキャラとして楽しむことができるでしょう。

そしてこの作品はドストレートな足裏フェチ作品になります。

こだわりを感じるリアル系の足裏が多数!

とにかく最初から最後まで足裏がかなり描かれています。基本のCGは30枚にはなりますが、靴下(ソックス)の差分があるのも嬉しいポイントです。ここは靴下フェチな方にはたまらないでしょうね。もちろん靴下の汚れなんかもしっかりと描かれています。さらにセリフや擬音の有り・無し両方のCGも収録されています。

ちなみに登場する4人のキャラ全ての足裏を見ることができる点は素晴らしいですね。ゲーム中ではもちろん彼女たちの足裏なんか見れるはずもなく、これまで妄想の中でしか思い描くことができませんでしたが、この作品ではしっかりと形にされていると言えます。

そしてこの作品の足裏ですが、かなりリアルに足裏を描かれているのが特徴です。足裏のシワ、土踏まずの陰影、ムレムレ感の伝わる汗ばんだ質感など、かなりこだわりを感じます。そんな足裏を舐められたり嗅がれたりして責められながら犯されてしまう姿が描かれています。

様々な体位で足裏を見せながらヤられる!

足裏への責めもさることながら、足裏が見えている体位も多いのがポイント。正常位や寝バック、まんぐり返し、仰向けなど、多くの体位で足裏が見えており、そんな中足裏を責められながら犯されてしまいます。これらの足裏ですがイラストによっては遠目の足裏もありますが、もちろんドアップで描かれているものもあるのでご安心ください。

個人的にお気に入りなのは・・・、かなり足裏が映っているイラストが多いので迷うのですが、「アシュリーが村人に正常位で犯されているときの足裏」「複数のゾンビに輪姦されているクレアの騎乗位足裏」などが気に入っています。その他にもドアップで足裏が見えつつ犯されているイラストも良いですね。

残念ながらジルはいない!

残念な点を挙げるとすれば、バイオ1や3で登場するジル・バレンタインが登場しないという点。バイオの女性キャラでいうとトップに君臨するとは思うのですが。そしてもうすぐRE3が発売するってのに!・・・まぁジルの足裏は別作品に期待しておきましょう。

バイオキャラの足裏が見たい方は要チェック

数々のモンスターと戦うバイオハザードの女キャラのクレアやレベッカ、そして可愛らしいアシュリーやシェリー。彼女たちがゾンビなどに犯されてメチャクチャにされるという妄想は誰もがしたことがあると思います。そしてそんな時に彼女たちの足裏を嗅ぎながら犯してみたいという願望も、足裏フェチな方であれば当然あるでしょう。そういった願望を叶えてくれている作品ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに実は私、このシワなどがかなり書き込まれた足裏が苦手だったんです。二次元の足裏は二次元の足裏で、ある程度デフォルメされた状態で良いと考えていました。不気味の谷現象のような感じでしょうか。ただしその感覚も作品を見続ける中で解消されていきましたので、同じような方がいらっしゃいましたら挑戦してみると良いかもしれません。

足裏評価

※足裏フェチ作品は評価対象外

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする