クソガキに弄ばれる神宮寺ナオのお尻+足裏!お尻大好きしょう太くんのHなイタズラ

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/03/15
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お尻大好きしょう太くんのHなイタズラ 神宮寺ナオ

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

友達の家に遊びに来ていたしょう太が、その友達の姉の”ナオ”の大きなお尻に魅了されてしまう。何度もしつこく性的なイタズラを繰り返すうち、ナオの方も気持ち良くなってきてしまい、最後にはしょう太のチンポの虜にまでなる・・・という内容。

登場する女優は神宮寺ナオ。決して派手な見た目の女優さんではないのですが、どこかものすごく惹かれる謎の魅力がありますね。そして今回の作品は「お尻大好き」シリーズなので、大きくてプリプリしたお尻もかなりのものを持っています。バックのセックスシーンなんかは波打つ尻肉がいやらしいので、尻フェチな方はかなり抜ける作品かもしれませんね。

具体的な内容としては、

  • 遊び→エッチなイタズラシーン(足裏あり)
  • バニーガール姿のナオにエッチなイタズラ(足裏あり)
  • 泡風呂で立ちバック尻コキ素股
  • 友達が寝ているそばでコッソリセックス
  • オナニーシーン(足裏あり)
  • 誘惑中出しセックス(足裏あり)

といった流れになっています。

前半最初と後半に良い足裏が登場!お尻+足裏がエロイ!

四つん這いの足裏その2

足裏シーンは全体的に思ったよりも多く登場するといった感じ。足裏のクオリティ的には迫力が控えめなシーンが多めですが、それを足裏シーンの多さやお尻とのコンボでカバーしているといった印象が強いです。主に前半最初の遊んでいるシーンや、後半最後のエッチシーンで良い足裏を見ることができます。

まず前半最初の遊んでいるシーンですが、作品開始直後から四つん這いの足裏が登場するなど、掴みは良い感じ。その後も背中に子供を乗せて四つん這いで歩いたりするシーンでも足裏が見えたりと、迫力こそ控えめですがチラチラと見える素足の足裏はいやらしさを感じます。この後のバニーガール姿のシーンでは、正座の網タイツ足裏も登場するのでこちらもぜひどうぞ。

1:25:56 膝立ちの足裏

そこから中盤にかけては足裏シーンが少なくなるのですが、再び足裏を見られるようになるのが、最後のエッチシーン。膝立ちでしょう太の顔をお尻に押し付けたりなど、シチュエーション的にも興奮できる中で見える足裏は非常に見応えがあります。その他、背面騎乗位やバック、正常位の足裏も登場するのがポイント。こちらも迫力はやや控えめですが、前半と比べるとよく足裏が見えているので、今回の作品の中では一番オススメできる足裏シーンでしょう。

まとめ

正常位の足裏

中出しフィニッシュ足裏や足裏全体がしっかり見えるドアップ足裏などがないので、若干決め手に欠ける印象がありますが、それでも大きなお尻と共にチラチラと映る足裏のいやらしさはかなりのものです。神宮寺ナオ自身のいやらしさも一緒に楽しむことができればベストな作品でしょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏は中盤以外の前半と後半で多くが登場。前半はチラリ系が多めだが網タイツの正座足裏があるのが特徴。後半は足裏全体がよく見えるシーンが多く、見応えがある。全体的に足裏シーンんは意外とある方。

足裏ポイント
0:21 作品冒頭、かくれんぼをしているシーン。四つん這いのつま先で踏ん張っている足裏を見られる。最初は引いたアングルだがしばらくすると近めの足裏を見られるようになる。40秒弱見られるのが魅力。
19:44 バニーガール姿で正座をしているシーン。大きなお尻と一緒に網タイツの足裏が見えている。20秒弱続く。
1:23:11 横向きに寝る体勢でオナニーしているシーン。やや見辛いが、左足の足裏がアップで見えている。
1:25:56 ソファの上で膝立ちになり、お尻にしょう太の顔を引き付けるシーン。左足の足裏がやや近めに見えている。
1:51:42 バックの挿入からセックスシーン。主に右足の足裏全体がよく見えている。左足の足裏もチラリ程度だが見える。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ(管理人)

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする