大場ゆい・立花サヤの足裏登場!オートロックで締め出された薄着美女が困り果てている・・・さてどうする?

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 2.50 / 5)
2020/12/20
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

オートロックで締め出された薄着美女が困り果てている…さてどうする?

Japanese Foot レビュー

部屋がオートロックという事を忘れて出てしまい、中に入ることが出来なくなった美女。そこに現れた男性が助けてくれるものの、いやらしい体に欲情してしまい襲われてしまうという内容。

登場する女優は3人で、1人目から「大場ゆい」「立花サヤ」「新希マヤ」の順。全員スタイルの良い美女な女優さんです。大場ゆいと立花サヤは朝風呂に行った帰りに部屋に入れなくなるのに対し、新希マヤは彼氏が火災報知器を作動させてしまったのに動揺して部屋から出てしまうという内容の違いがあります。また、新希マヤのみ風呂場で犯されてしまうのも特徴的です。

全員当然セックスシーンはあるのですが、いずれもラストは外出しで、口に向けて射精する形になります。

足裏は大場ゆいと立花サヤのシーンで登場

1:08:23 足指を握りしめた左足のドアップ足裏

足裏シーンは1人目の大場ゆいと2人目の立花サヤのシーンで登場します。特に足裏を多く見られるのは2人目の立花サヤになります。

立花サヤの足裏シーンはドアップ足裏があるのが特徴的で、横向きに寝ている体勢の愛撫シーンや、セックスしながらの右足の足舐めシーンでドアップ足裏を見ることができます。愛撫のシーンでは足指をギュッと握りしめる様子が分かったりするので、足指の動きにも注目。さらに足舐めシーンは足指だけでなく、足指の間まで丹念に舐められてしまうので、足裏だけでなく足舐めプレイ自体が好きな人も要チェックなシーンです。

40:35 両足の足舐めシーン

1人目に戻って大場ゆいの足裏は、立花サヤと比べると数も少なくかつ見辛さもあるので、どうしても物足りなさを感じてしまいます。オススメできるのは足舐めシーン、足裏自体は少し見える程度ですが、ギュッと足指を握りしめた足は迫力がありますね。大場ゆいといえば身長170cm、足のサイズ25cmで、女性としてはデカ足に分類されるので、本当はもっと足裏が見たかったところです。

まとめ

以上、今回の作品で足裏を見るのであれば、まずメインは2人目の立花サヤ。そしてその次に1人目の大場ゆいをオススメします。足舐めシーンのクオリティはやや高めかと思いますので、足舐めシーンが好きな方にもオススメできる作品かと思います。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(大場ゆい)

足裏シーンはやや少な目。足裏自体も見え辛いシーンが多く、少し物足りなさを感じるかも?

足裏ポイント
4:17 朝風呂に浸かりながら、右足をピーンと伸ばすシーン。足裏はほんのわずかしか見えないが、つま先をギュッと握りしめた足を20秒弱見られる。
16:04 股間を愛撫されているシーン。伸ばした右足の足および足裏がいやらしいが、つま先は見切れがち。
40:35 両足を揃えて持ち上げ、足舐めされるシーン。足裏自体は若干見辛さがあるが、アップで見られるのが良い点。20秒程度見られる。

2人目(立花さや)

足裏的には3人の中では一番オススメ。特に横向きに寝ている体勢と足舐めシーンではドアップ足裏も登場するので、なかなか迫力もある。

足裏ポイント
56:54 膝立ちで、つま先で踏ん張っている両足の足裏が見えている。少し乾燥気味な質感なのも分かる。
1:08:23 横向きに寝ている体勢でお尻を揉まれたりするシーン。左足の足裏をドアップで見られる。最初足指を握りしめている点にも注目。30秒弱見られる。
1:14:36 セックスしながらの右足の足舐めシーン。足指はもちろん足指の間まで丹念に舐められる。足裏もアップで見ることができ、約30秒続く。

3人目(新希マヤ)

足裏ポイントなし

足裏ポイント
なし

    作品を購入する

    この記事を書いた人

    タワシ(管理人)

    足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

    コメント

    まだコメントはありません。

    コメントする