【加藤妃乃】M男を美脚で調教する美人妻!股下から見える足裏が見応えあり!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (3 投票, 平均: 4.33 / 5)
2023/02/07
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

不倫する、いやらしい身体。 男根を懇願するスケベな美人妻と濃厚密着セックス 加藤妃乃


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

KANBi専属女優加藤妃乃の不倫セックス作品。

登場する加藤妃乃ですが36歳とは思えない美貌です。年齢的には熟女なんですが、見た目は若々しく綺麗なお姉さんという感じですね。

内容は4シーンに分かれており、

  • 性感チェック&セックス
  • 変態M男を美脚で調教(足裏あり)
  • オイルヌルテカ3Pセックス
  • 濃密スローセックス

という内容になっています。

2シーン目の足舐め・足コキなどで足裏が登場!!

56:06 足舐めシーンの足裏

足裏が登場するのは2シーン目。足舐めや足コキなどの美脚を使ったプレイの最中に足裏が登場します。

まず最初に足裏が登場するのは足舐めシーン。右足からヒールを脱がされ足舐めされるのですが、最初だけ右足の足裏全体が短時間登場。それ以降は男優の顔が邪魔であまりガッツリ見えることはありません。しばらくすると両足の足嗅ぎもあるのですがここも同様。足裏はオマケ程度で、当然ながら足舐めがメインという感じです。

乳首弄りシーンの足裏

続いて足で男優の乳首を弄ってあげるシーンでは、最初は足裏の側面しか見られませんが、しばらくして足をクロスさせた際に、右足の足裏全体が登場。といってもここも短時間なのでじっくりとは見られません。

1:00:22 足コキシーンの両足の足裏

その次に立った状態の男優に足コキするシーンがあるのですが、ここが今回の作品のダントツの見所!男優の股下からのアングルで両足の足裏全体を見ることができます。しかも約40秒と長時間続くので、じっくり楽しめるのも素晴らしいですね!

しかも最後の方のつま先でチンポを弄っているシーンでは、つま先以外の足裏をドアップで見られるシーンも登場。今回の作品の中ではダントツで迫力のある足裏ですね。長時間足裏に加えドアップ足裏も登場したりと見応えがあるシーンなので、このシーンは絶対にチェックしておきたいところです。

足コキシーンの足裏

その後は通常のアングルの足コキシーンに移るのですが、さすがにここはチンポやモザイクで足裏の大部分が隠れてしまっているので見応えは微妙。見えるとしてもつま先部分がチラリ程度です。床に座った状態の足コキシーンの最後の方では、近めのつま先足裏が登場するので、見応えがあるとしたらこの辺りの足裏でしょう。足コキシーン自体は結構続くので、足コキ好きな方向けのシーンですね。

まとめ

足舐めシーンの足裏その2

ということで、2シーン目で美熟女な加藤妃乃の足裏を見られる作品でした基本的には足舐めや足コキなどのプレイがメインなので、たくさん足裏を見たい方には不向きですが、股下からのアングルの足裏シーンだけはかなり見応えがあるのでここだけはしっかりチェックしておきたい作品ですね!

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

2シーン目で足裏シーンは複数登場。足舐めや足コキなど足裏がやや見え辛くなるシーンが多いが、股下からのアングルの足コキはとても足裏が見えやすいのでオススメ。

足裏ポイント
56:06 右足を持ち上げて足舐めされるシーン。足裏全体を見られるのは最初の短時間のみで、以降は顔が邪魔で足裏は見え辛くなる。足裏よりも足舐めがメイン。途中両足の足嗅ぎもあるが、ここも足裏は見え辛い。足舐め・足嗅ぎシーン自体は1分半くらい続く。
57:46 つま先で男優の乳首を弄るシーン。最初は足裏の側面しか見えないが、足をクロスさせた際には短時間ながら足裏の大部分を見られる。
1:00:22 足コキシーン。股下からのアングルで両足の足裏全体を見られる。約40秒と長時間続くのも魅力。直後の通常のアングルではつま先がチラリと見えているのみ。
1:05:14 胡坐をかくような体勢の足コキシーン。左足の足裏のつま先部分が少しだけ見えている。見応えは微妙だが、足コキ自体は3分ちょっと続き、最後の方がつま先だけドアップで見られたりもする。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする