【小鳩麦】仰向けと屈曲位でドアップ足裏が登場!人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックス 62

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 3.50 / 5)
2023/02/21
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックス 62 限界を超えたオーガズム 小鳩麦

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

4つの快楽実験で女優をトランス状態へ誘う作品。

登場する女優は小鳩麦。現役保育士としてデビューしたプレステージ専属女優さんですね。色白でおっぱいも大きめ、程良い肉付きの身体が抱き心地が良さそうですね!個人的には派手過ぎない雰囲気も気に入っています。また、どことなく最近の水野朝陽に似ているような気がします。

内容は大きく4シーンに分かれており、

  • 極限焦らしセックス
  • 体外式ポルチオセックス(足裏あり)
  • スペンス乳腺開発セックス
  • 失神痙攣爆音6P

という内容になっています。

仰向けと屈曲位セックスでドアップ足裏が登場!

1:06:40 仰向けのドアップ足裏

足裏が登場するのは2シーン目の2か所のみですが、いずれもドアップ足裏を見られるので内容は割と良いです。

まず最初に足裏を見られるのは仰向けの体勢の電マ責めシーン。左足の足裏全体を近めで見られるのが特徴。足裏の形はエジプト型で、やや肉厚感というかゴツゴツしたような雰囲気も感じられます。一部タコがあるからでしょうか。ドアップなのも含めてインパクトのある足裏かと思います。

足裏を見られるのは約20秒と、そこそこまとまった時間見られます。

1:23:37 屈曲位のドアップ足裏

その後のセックスシーンでは屈曲位で左足の足裏が登場。こちらも先程と同じく近めで迫力があるのが良いですね!ただしつま先方向からの足裏になるので足裏全体をガッツリ見られないのは残念。10秒程度とやや短めなので抜くのにはちょっと不向きかもしれませんね。

まとめ

ということで、2か所しか足裏シーンが無い作品ですが、どちらもドアップ足裏で迫力があるのが特徴の作品でした。どちらかというと仰向けの方が長く足裏を見られるのでオススメですね。たくさん足裏を見られる作品ではありませんので、小鳩麦の足裏がとにかく見てぇぇぇ!という方向けの作品でしょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏が登場するのは2か所と少ないが、いずれもアップで迫力があるのが魅力。

足裏ポイント
1:06:40 仰向けの電マ責めシーン。左足の足裏全体をアップで見られる。約20秒続く。
1:23:37 屈曲位のセックスシーン。左足の足裏をアップで見られる。10秒程度続く。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする