涼花くるみや平井栞奈などのレズ足舐め中のパンスト&生足裏がたっぷり登場する足舐めフェチ作品!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
2023/08/06
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Japanese Foot レビュー

女同士で足裏を嗅いで舐め合うというフェチ作品。

登場する女優は4組計8人で、「赤城穂波×奈古栞里」「皆月ひかる×本田さとみ」「涼花くるみ×花井しずく」「平井栞奈×松本流佳」の順で登場。それぞれ足嗅ぎ・足舐めシーンがふんだんに盛り込まれています。ただし、常に足裏が見えているという訳ではないので、足裏フェチ作品ではなく、足舐めフェチ作品という点は理解しておきましょう。

また全シーンでお互いが足舐めする訳では無い点にも注意。たとえば、1シーン目は赤城穂波や4シーン目の松本流佳は一方的に足嗅ぎ・足舐めをする内容になっています。つまり、これらの女優は足裏を見ることができませんので、この点はお気を付けください。

ちなみに女スパイ風なコスから、ダンスの練習をする先生と生徒のシチュ、さらに教室で足嗅ぎ・足舐めをしたりするシチュなど、それぞれ違うシチュでフェチプレイをするので、こういったシチュも良いスパイスになりそうです。

1シーン目:足嗅ぎ・足舐めされまくる奈古栞里の足裏が迫力あり!

1シーン目は拘束された奈古栞里の足裏を、赤城穂波が嗅いで舐めまくるというシチュ。赤城穂波が一方的に責め続ける内容になっているので、足裏を見られるのは奈古栞里のみになります。

まずは左足のパンスト足裏の足嗅ぎ・足舐め中の足裏が登場。途中からつま先部分のパンストが破かれるので、そこから生足裏がチラリと登場するのも魅力です。

足裏シーンは大きく3か所くらい登場し、どれも長時間足裏です。基本側面だったりやや斜めからの足裏が多いので、見え具合は正直微妙なところもありますが、ドアップ足裏も多いので迫力はあります。

その後、下着一枚になってからは完全にパンストが無くなった生足裏の足舐めシーンが登場。ここでは右足の足裏をドアップで見られ、これが2分半くらい続きます。足裏が唾液まみれになるくらいしつこく足舐めされるのですが、感じまくっている奈古栞里の姿も良いスパイスになりますね。

2シーン目:足舐め中の本田さとみのドアップ長時間足裏が見所!!

3シーン目は皆月ひかるが本田さとみの足裏を嗅いで舐めまくる内容で、主に本田さとみの足裏を見ることができます。逆に本田さとみが皆月ひかるの足裏を舐めるシーンもありますが、皆月ひかるの足裏はほとんど見えない点には注意です。

本田さとみの足裏を見られるシーンは大きく分けると3シーンくらいで、

  • 28:40から左足のつま先部分のドアップ足裏を1分50秒くらい
  • 36:25から左足の足裏をドアップも含めて1分半くらい
  • 39:25から左足→右足の順でドアップ足裏を約2分

といった内容になっています。どれも長時間じっくり足裏を見ることができます。

中でも一番見応えがあるのが3か所目の29:25のシーンで、ここでは足を組んだ体勢で足舐めされているのですが、意外にも足舐めされていない左足の足裏の方がガッツリとよく見えています。

3シーン目:花井しずくの黒パンスト足裏、涼花くるみのパンスト足裏が登場!

3シーン目は涼花くるみと花井しずくが、教室でお互いのパンスト足裏を嗅いで舐めまくるという内容。ここでは2人とも足裏を見ることができます。

まず涼花くるみが花井しずくの黒パンスト足裏を嗅いで舐めるシーンからスタート。横座りの花井しずくの黒パンスト足裏が1分くらい登場。その後、1:07:11くらいから長座のドアップ黒パンスト足裏が登場し、ここは30秒くらい見られます。

この後の涼花くるみのシーンもそうですが、パンストのつま先部分だけ破かれ、生の足指が飛び出ているのもグッとくる部分ですね。

1:11:57からは攻守交代し、涼花くるみの通常のパンスト足裏が登場。まずは横座りで両足のパンスト足裏が25秒くらい見られるところからスタートし、1:17:02から長座の足裏が登場し始めます。

1:17:02は足嗅ぎ中の左足のパンスト足裏を50秒ちょっと、1:20:39からは足舐め中の左足のパンスト足裏を2分ちょっと見られます。どちらも迫力があるので、パンスト足裏が好きな方にオススメできるシーンです。

4シーン目:長身女優平井栞奈のパンスト足裏&生足裏が登場!

4シーン目は松本流佳が平井栞奈の足裏を嗅いで舐めるシチュ。逆に平井栞奈が松本流佳に足嗅ぎ・足舐めするシーンは無いので、足裏を見られるのは平井栞奈だけな点に注意。

平井栞奈の足裏はパンスト足裏を生足裏の2タイプが登場するのが特徴で、まずパンスト足裏が登場。最初に見られるのは1:25:30辺りで、長座で左足のパンスト足裏を25秒くらい見ることができます。残念ながらガッツリ見られるパンスト足裏はこれ以外にはありません。

生足裏は1:44:43の踏みつけ型の足舐め中から登場。ここでは両足の足裏をそれぞれドアップで見られるのですが、6秒程度と短時間なのが欠点。もう少し長く見られれば良いシーンだったのですが。

生足裏で見応えがあるのが1:46:00からの踏みつけ足舐めシーンで、足組みしている右足の足裏全体がよく見えているのが特徴。40秒くらいと長時間続くのも魅力なので、長身女子のムチムチした足裏が好きなら見ておくべきシーンでしょう。

まとめ

ということで、レズ足嗅ぎ・足舐め中のパンスト足裏や生足裏を見られる作品でした。女優は8人登場しますが、ガッツリ足裏を見られるのは5人ということになりますね。全員の足裏を見られる訳ではない点にはご注意ください。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(赤城穂波×奈古栞里)

赤城穂波が奈古栞里の足裏を嗅いで舐めるシーンが続くので、足裏を見られるのは奈古栞里のみ。

足裏ポイント
4:30 奈古栞里のパンスト足裏を赤城穂波がゼロ距離で嗅ぐシーン。奈古栞里の左足のパンスト足裏をドアップで見られる。2分半くらい続き、常に足裏が見えているわけではないものの、見応えはある。途中からつま先のみパンストが破かれるのもポイント。
8:55 足舐めシーン。奈古栞里の左足のドアップ足裏を側面から1分20秒くらい見られる。パンストの上半分が破れて生足裏が見えているのがポイント。11:16からも左足のドアップ足裏を側面から40秒くらい見られる。
22:14 下着一枚になった奈古栞里の足舐めシーン。右足のドアップ足裏を2分半くらい見られる。

2人目(皆月ひかる×本田さとみ)

皆月ひかるが本田さとみの足裏を嗅いで舐めるのがメインで、本田さとみの長時間足裏が複数見られるのが魅力。皆月ひかるの足裏もほんのわずかに登場するが、見応えはほとんどない。

足裏ポイント
28:40 皆月ひかるが本田さとみの左足の生足裏を嗅ぐシーン。左足のつま先部分のドアップ足裏を1分50秒くらい見られる。36:25からは足舐めが始まり、左足の足裏を1分半くらい見られる。
39:25 引き続き足舐めシーン。左足→右足の順で足舐めされそれぞれドアップ足裏を見られる。トータルで約2分続く。特に右足足舐め時は足組みをしており、足舐めされていない左足の足裏の方が見えやすいのが特徴。

3人目(涼花くるみ×花井しずく)

花井しずくは黒パンスト足裏、涼花くるみはパンスト足裏が登場。どちらもドアップ足裏や長時間足裏を見られる。またパンストのつま先だけを破られ、生の足指が飛び出ている足裏も見られる。

足裏ポイント
1:01:02 横座りな体勢で涼花くるみが花井しずくの黒パンスト足裏を嗅ぐシーン。左足の足裏や両足の足裏を1分くらい見られる。1:07:11にはつま先だけ生の足指が飛び出た右足の黒パンスト足裏のドアップが登場し、ここは30秒くらい続く。その他のシーンでもチラチラと足裏が映るシーンはいくつかある。
1:11:57 花井しずくが涼花くるみのパンスト足裏を嗅ぐシーン。横座りの両足のドアップパンスト足裏を25秒くらい見られる。
1:17:02 引き続き花井しずくが涼花くるみのパンスト足裏を嗅ぐシーン。涼花くるみの左足のドアップパンスト足裏を50秒ちょっと見られる。さらに1:20:39からは足舐めバージョンのドアップパンスト足裏が登場し、こちらは2分ちょっと続く。

4人目(平井栞奈×松本流佳)

松本流佳が平井栞奈の足裏を嗅ぎ・舐めるシーンがずっと続くので、足裏を見られるのは平井栞奈のみ。パンスト足裏を生足裏の両方が登場し、ドアップ足裏や長時間足裏もあり。

足裏ポイント
1:25:30 松本流佳が平井栞奈のパンスト足裏を嗅ぐシーン。長座になった平井栞奈の左足のパンスト足裏を25秒くらい見られる。
1:44:43 踏みつけ型足舐めシーン。見上げるアングルで平井栞奈の両足の足裏をそれぞれ近めで見られるが、6秒程度と短時間。1:46:00からも別アングルで踏みつけ型足舐めの足裏が登場し、足舐めされていない右足の足裏全体を40秒くらい見られるのが特徴。

作品を購入する

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする