橋本りこや神楽美来のパンスト足裏が登場する素人ナンパ作品!120%リアルガチ軟派伝説 vol.119

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
2024/02/16
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

120%リアルガチ軟派伝説 vol.119

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

素人女子として登場する女優は計5人。1人目から「橋本りこ」「仲川そら」「小松杏」「神楽美来」「胡桃さくら」の順です。基本私服で登場しますが、2人目の仲川そらだけ就活帰りのスーツ姿で登場するのが特徴。私服姿とは違ったエロさがあるのが良いですね。

また約4時間と大ボリュームなのも魅力の作品で、1人当たり50分くらいとたっぷり楽しめます。素人ナンパ系の作品が好きならお腹一杯になる作品でしょう。

黒パンストの足裏が多め!4人目の神楽美来は長時間足裏やドアップ足裏もあり見応えあり!!

足裏を見ることができるのは、3人目の小松杏以外の4人。黒パンスト足裏が多めで、その次に生足裏、ごく一部パンスト足裏も登場します。一番見応えがあるのは4人目の神楽美来なので、彼女の足裏をお求めの方にはオススメできる作品です。

まず1人目の橋本りこは黒パンスト足裏がメイン。13:13のM字開脚シーンで3か所ほど黒パンスト足裏を見られ、

  • 13:13から角度のある両足の黒パンスト足裏を30秒ほど
  • 14:17では右足の黒パンスト足裏のほぼ全体を10秒弱
  • 14:35では主観視点で両足の黒パンスト足裏をドアップで25秒くらい

といった内容になっています。一番オススメなのが3か所目の両足を揃えて持ち上げたシーンで、ほぼ主観視点で両足の黒パンスト足裏をドアップで25秒くらい見ることができます。迫力のある足裏が好きな方はぜひ見て頂きたいシーンのひとつですね。

あと、橋本りこのちょっと足指短めでムッチリとした肉厚感のある足裏自体も魅力的なので、生足裏がガッツリ見られないのがちょっと残念ですね。

2人目の仲川そらはスーツ姿のパンスト足裏が登場。1:02:55からM字開脚のパンスト足裏を15秒+5秒、さらに1:12:58から四つん這いのつま先以外の生足裏&パンスト足裏を見られますが・・・、迫力控えめで時間も短め、うーんちょっと期待外れな内容ですね。

そして今回のメインディッシュな4人目の神楽美来!黒パンスト足裏と生足裏がなかなか見応えがある内容です。

まず2:39:21から両足を揃えて持ち上げた体勢の黒パンスト足裏全体が登場。ドアップも含めて3分くらいとかなりの長時間見ることができます。足裏がある程度ガッツリ見えるのは最初の1分くらいですが、それでもしっかりじっくり楽しめるのが良いですね。

2:44:20ではM字開脚の右足の生足裏が登場。最初は近めで4秒程度、2:44:28からは若干引いたアングルにはなりますが、30秒くらいとまとまった時間見ることができます。ちょっと監督の手が邪魔ではありますが、おおむね見え具合は良いです。

2:58:14の四つん這いの手マン&オモチャ責めシーンでは、左足は黒パンスト足裏、右足は生足裏が同時に登場。近めで迫力があるだけでなく、40秒近くと長時間続くのも魅力なので、最初の黒パンスト足裏シーンにも迫るくらいの見応えがあります。

そして最後の胡桃さくらは、3:37:20でのみ足裏が登場。四つん這いのオモチャオナニー中につま先で踏ん張った両足の生足裏がやや近めで10秒くらい見られ、さらに3:37:43からは両足の足裏→右足のドアップ足裏を15秒くらい見ることができます。特にドアップ足裏は今回の作品の中でも一番迫力があるので必見!足裏シーンは少ないですが、見る価値はありますね。

まとめ

ということで、5人中4人のパンスト足裏や生足裏を見られる素人ナンパ系作品でした。一番見応えがあったのは4人目の神楽美来でしたが、胡桃さくらのドアップ足裏や橋本りこの主観視点のドアップ黒パンスト足裏も、なかなかドキッとするものがありました。4時間というボリュームを考えると足裏シーンがすごく多いという訳ではありませんが、それでも見応えのある足裏はしっかりと見られるので、特にパンスト足裏が好きな方にオススメできる作品でしょう。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(橋本りこ)

黒パンスト足裏がメイン。前半のM字開脚シーンでドアップ足裏を見られる。

足裏ポイント
13:13 M字開脚シーン。両足の黒パンスト足裏を30秒ほど見られるが、基本角度があるので見辛い。ただし14:17では右足の黒パンスト足裏のほぼ全体を10秒弱、さらに14:35では主観視点で両足の黒パンスト足裏をドアップで25秒くらい見られるので、これらは見応えがある。

2人目(仲川そら)

パンスト足裏がメイン。M字開脚でパンスト足裏全体を見られるが、迫力は控えめで時間も短めと、あまり見応えは無い。

足裏ポイント
1:02:55 M字開脚の状態でヒールを脱ぐシーン。左足のパンスト足裏を15秒+5秒くらい見られる。右足のパンスト足裏はチラリ程度。
1:12:58 四つん這いのオモチャオナニーシーン。左足は生足裏、右足はパンスト足裏で、それぞれつま先以外を5秒くらい見られる。その後も右足のパンスト足裏は少しだけ登場する。

3人目(小松杏)

四つん這いでほんのわずかに足裏が見えるような気がするが、見応えのある足裏は皆無。

足裏ポイント
なし

オススメ!4人目(神楽美来)

黒パンストと生足裏の2タイプが登場。長時間足裏やドアップ足裏もあったりと内容がかなり良い。縦長な足裏自体も魅力的。

足裏ポイント
2:39:21 両足を揃えて持ち上げた体勢のオモチャ責めシーン。両足の黒パンスト足裏全体をドアップも含めて3分くらいと長時間見られる。足裏が見えやすいのは最初の1分くらい。
2:44:20 M字開脚シーン。最初右足の生足裏を近めで4秒程度見られ、さらに2:44:28からは若干引いたアングルで30秒くらい見られる。
2:58:14 四つん這いの手マン&オモチャ責めシーン。左足は黒パンスト足裏、右足は生足裏を近めで40秒近く見られる。

5人目(胡桃さくら)

四つん這いの生足裏が登場。足裏シーンは少ないが、迫力のあるドアップ足裏を見られるのが魅力。

足裏ポイント
3:37:20 四つん這いのオモチャオナニーシーン。つま先で踏ん張った両足の生足裏をやや近めで10秒くらい見られる。さらに3:37:43からは両足の足裏→右足のドアップ足裏を15秒くらい見られるのでこちらも見応えがある。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする