オススメ動画【足裏たっぷり💗】罰ゲームで速海りんと高杉麻里のドアップ足裏が…!第4回ノーパンスウェット染みたら負けよ我慢対決

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
2021/08/28
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

第4回ノーパンスウェット染みたら負けよ電マ濡れ我慢対決

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

街で声を掛けた女の子2人組をエッチなゲームに誘うという作品。ノーパンの状態でスウェットを履いてもらい、大人のオモチャで責めまくり、大きなシミを作ってしまった方が負けというもの。数回勝負し、負けが多い方は罰ゲームとなり、覆面男優とセックスすることになります。

登場する女優は2組計4人で、1組目が「速海りん&沖田里緒」、2組目が「高杉麻里&玉木くるみ」になります。2組とも20代前半の若い素人女性として登場し、まんまとゲームに参加してしまい、スウェットをびしょびしょに濡らしてしまいます。ネタバレにはなってしまいますが、最後罰ゲームを受けることになるのは、1組目は速海りん、2組目は高杉麻里になります。

内容としては2組とも同じ構成になっており、

  • 四つん這いローター責め
  • M字開脚電マ責め
  • スタンディング電マ責め

といった3つのゲームをすることになります。その後に負けが多い方が覆面男優とセックスする流れになります。勝った方は基本見ているだけなので、そこは我慢できずに3Pになるとかがあっても良かったですね。

全体的に足裏シーンはかなり多め!M字開脚シーンが見応えあり

足裏シーンは全体的にかなり多めです。特に四つん這いやM字開脚のオモチャ責めシーンではずっとそのままの体勢を維持し続けるので、特にM字開脚のシーンなんかは良い足裏がガンガン登場します。基本2人同時の足裏なので迫力は控えめですが、中にはドアップ足裏も登場するので油断できません。またこのM字開脚シーンは、基本画面右側の女優さんの足裏が見えやすい傾向にあります。

良い足裏が見られるのは四つん這いやM字開脚シーンだけでなく、罰ゲームシーンも同様。こちらは足裏シーンの数は少ないですが、2組とも近めの迫力ある足裏を見られるのが魅力です。特に2組目の高杉麻里は166cmの高身長ということもあり、デカ足な雰囲気の足裏を見られますので必見です。

1組目:速海りんの縦長スレンダー系足裏が見所

1組目と2組目の見所をそれぞれご紹介しようかと思うのですが、四つん這いとM字開脚は割愛。罰ゲームシーンの迫力ある足裏をぜひ見ていただければと思います。

1組目で罰ゲームを受ける速海りんですが、後ろから両足を抱えあげられるような体勢のシーンでドアップの足裏が登場。足裏全体がしっかりと映っており非常に見応えがあります。全体の縦長スレンダー感も良いですが、足指がやや長めなのも見逃せません。なかなかの美足裏と言えますね。

約20秒とややまとまった時間見られるのも魅力。見た目ややクールな女性がアンアン喘ぎながら見せる縦長スレンダーな足裏はかなり抜けますよ!

2組目:高杉麻里のデカ足ドアップ足裏が2シーン登場!

2組目で罰ゲームを受ける高杉麻里も、M字開脚の体勢でドアップ足裏が登場。こちらも足裏全体がよく映っており非常に迫力があります。ややスクエア型な感じもしますが、全体のバランスを見るとエジプト型な感じでしょうか。ドアップ足裏を見られるのは短時間ですが、その後も左足の足裏全体がチラリと映ったりなどするので、そちらも要チェックです。

高杉麻里はもう1シーンドアップ足裏があるのが魅力。まんぐり返し気味の体勢の手マンシーンなのですが、右足の足裏全体がデカデカと映るシーンがあります。こちらもかなりの迫力ですね。ドアップなのは短時間なのですが、その後も引いたアングルで足裏は映り続け、全体で約20秒足裏を見られるのも特徴になります。

高身長女性のドアップ足裏を見たい方はぜひチェックしてみましょう。

まとめ

以上、四つん這いやM字開脚などゲームシーンでは多くの足裏を見られ、さらに罰ゲームシーンではド迫力のドアップ足裏も登場するという、かなり見応えのある作品でした。しかも罰ゲームを受ける速海りんと高杉麻里の足裏はどちらとも良い足裏をしてるんですよねぇ・・・。足裏フェチとしてはかなりたまらない足裏なので、単純に多くの足裏を見られるだけでなく、質の良い足裏を見られるという点にも注目です。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大3つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

1人目(速海りん&沖田里緒)

対決シーンでは主に沖田里緒の足裏がしっかりと見えているが、罰ゲームシーンでは速海りんの縦長スレンダーの良い足裏をアップで見られるので、2人ともなかなか見応えがある。全体的に足裏シーンは非常に多い。

足裏ポイント
17:40 2人とも四つん這いになるシーン。以降四つん這いの足裏が複数登場するが、つま先は見切れがち。その分、数はかなりある。
32:30 2人とも横並びでM字開脚になっているシーン。以降、約10分に渡りM字開脚の足裏が非常に多く登場する。2人同時の足裏シーンがメインなので迫力は控えめだが、その分やはり数が多いのが魅力。
1:03:09 速海りんが後ろから両足を抱えあげられる形でマンコをいじられるシーン。両足の足裏、特に左足の足裏全体をドアップで見られる良いシーン。約20秒続くのも魅力。

2人目(高杉麻里&玉木くるみ)

玉木くるみの足裏も登場するが、最後の罰ゲームシーンを考えると圧倒的に高杉麻里がメイン。縦長スレンダー系のドアップ足裏は迫力抜群。まんぐり返しでもドアップ足裏が登場。さらに最後のだいしゅきホールドの足裏も見応えあり。

足裏ポイント
1:47:53 M字開脚の電マ責めシーン。最初は玉木くるみの足裏がよく見えているが、しばらくすると高杉麻里のドアップ足裏も一部登場したりとなかなか見応えのあるシーンに仕上がっていく。足裏シーンは当然ながら多め。
2:21:03 高杉麻里がM字開脚で股間をいじられるシーン。短時間だが右足のドアップ足裏が登場。その後も左足の足裏全体がチラリと登場したりなどする。
2:34:56 まんぐり返し気味の体勢のシーン。高杉麻里の右足のドアップ足裏を見られ、その後もやや引いたアングルで見え続ける。約20秒続く。

作品を購入する

作品名 第4回ノーパンスウェット染みたら負けよ電マ濡れ我慢対決
発売日 2018-08-11
収録時間 176分
品番 hjmo00385
監督
メーカー
レーベル
シリーズ
ジャンル
出演者

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする