星奈あいが電気屋の男に足裏を舐められ感じてしまう…人妻のドアップ足裏に胸ときめく作品

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
2022/01/23
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

止まらない快感… ~貞淑妻を虜にする背徳の全身愛撫~ 星奈あい

シリーズ:


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

登場する女優は星奈あい。家のエアコンが壊れてしまい修理にやってきた電気屋の男の肉体にときめいてしまい、普段の欲求不満もあってその男と禁断の関係に堕ちてしまうというお話。

最初に襲われた際は少しだけ抵抗するのですが、既に電気屋の男性のことが気になっていたこともあり、最初からすんなり行為を受け入れているのがポイント。つまりレイプ的な無理矢理はほとんど無いという事ですね。そこから旦那のいない間に何度もエッチなことをしてしまうという・・・。大変けしからんストーリーです。

エッチシーンは大きく分けて4シーンで、

  • セックスシーンその1(足裏あり)
  • 玄関での足舐め&クンニ(足裏あり)
  • フェラ&手コキ
  • セックスシーンその2(足裏あり)

といった内容になっています。

足舐めシーンでドアップ&長時間足裏登場!見応えは十分

右足の足舐めドアップ足裏

この「」シリーズといえば足舐めシーンで足裏がよく見られるのが特徴ですが、今回も同じく足舐めシーンで良い足裏を見ることができます。足舐め自体は3シーン目を除いて多く登場するのですが、1シーン目と2シーン目の足舐めシーンの足裏が特に見応えがあるのでオススメです。

まず1シーン目の足舐めは、後ろに足を持ち上げる体勢の足裏が見所。右足のみですがドアップで足裏を見ることができます。一部画面にデカデカと映るシーンもありますので、迫力は今回の作品の中では一番でしょう。また約1分20秒と長時間続くのも魅力ですので、絶対に見ておくべきシーンです。

1:01:44 右足の足舐めジーンズ足裏

2シーン目の足舐めシーンは、先程は逆に正面を向いて足を持ち上げた足裏になります。ぱっと見で分かりますが、まずジーンズ足裏なのがGood!!やはりジーンズ+素足の足裏はいやらしさがありますね。

このシーンは右足→左足の順に足舐めされていき、どちらもドアップ足裏を見られるのが特徴です。1シーン目の足裏と比べるとやや角度があるので若干見辛さはありますが、それでも良い足裏には変わりありません。途中一旦足裏が見えないシーンもありますが、約2分半は足裏を見られるので、1シーン目よりも長時間足裏を見たい方はこちらがオススメです。

1:37:58 シックスナインの足舐め足裏

その他、4シーン目ではシックスナイン風な足舐めシーンの足裏も登場しますが、側面からの足裏なので見応えは微妙です。

まとめ

左足の足舐めジーンズドアップ足裏

以上、1シーン目、2シーン目の足舐め中の足裏が見所な作品でした。ドアップ足裏があり、さらに長時間続くというんですからなかなかの見応えでした。そしてそこにジーンズ足裏という要素もプラスされているので、足裏フェチとしては色々楽しめる要素がギュッと濃縮されている印象の作品です。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足舐めシーンで良い足裏が登場。ドアップなのはもちろん長時間続くのでじっくり楽しめる。ジーンズ足裏があるのもポイント。

足裏ポイント
25:24 立った状態で右足を曲げて足舐めされるシーン。右足の足裏をドアップで見られ、さらに約1分20秒弱続くのも魅力のシーン。この後のシーンでも10秒ほど同じ足裏が登場する。
29:53 今度は正面を向いて右足を持ち上げた足舐めシーン。右足の足裏のつま先部分がチラリと見えている。かなり角度があるので足裏全体は見えないのが残念。25秒程度続く。
1:01:44 右足→左足を持ち上げた足舐めシーン。それぞれジーンズ足裏なのとドアップ足裏を見られるのが特徴。途中一旦足裏が見えないタイミングはあるものの、約2分半と長時間続くのが魅力。
1:37:58 シックスナイン風な体勢の足舐めシーン。数秒程度だが、右足のドアップ足裏を側面から見られる。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする