ひなた澪のドアップ足裏セックス!ボクを好き過ぎるボクだけのひなた澪

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2020/12/26
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ボクを好き過ぎるボクだけのひなた澪

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

ひなた澪がもし自分の彼女だったら・・・といった完全主観の作品。部屋でのイチャイチャからのエッチ、撮影会でのコッソリフェラ&手コキ顔射、ひなた澪の実家でのセックス等々、全体で4時間という大ボリュームな内容になっています。完全主観だけでなく主人公の声も字幕のみなのも特徴的ですので、まるで自分がひなた澪とイチャイチャしているような気分に浸れるかもしれません。ひなた澪ファンなら十分楽しめる内容でしょう。

ちなみにセックスシーンは全体で3ヵ所。1ヵ所目は口射フィニッシュ、2ヵ所目は制服姿でのセックスで胸射フィニッシュ、3ヵ所目も再び口射フィニッシュといった内容になっています。

あとエロとは直接関係ないのですが、ひなた澪自身の趣味がラーメン屋巡りということもあってか、全体的にラーメンがかなり登場します。最初はインスタントラーメン、次に鍋にラーメンを入れるシーン、そして極め付きは主人公自らラーメンのスープや麺まで自作するシーンまであります。彼女のラーメンへの溢れんばかりの愛が伝わってきそうです・・・!

足裏シーンは3ヶ所だがクオリティは高め!

足裏シーンは全体で3ヵ所。4時間という大ボリュームを考えるとかなり少な目ではありますが、内容はかなりしっかりとしており見応えがあります。登場するのは前半のセックスシーンで1ヵ所、後半最後に2ヵ所です。ちなみにひなた澪の足裏はハッキリとしたエジプト型で、今回の作品では右足の親指の皮が少し剥けているのも分かります。

さて、まず前半のセックスシーンの足裏ですが、開脚騎乗位で両足の足裏全体を見ることができます。よく吉村卓がやる「ヨシムラ」と呼ばれている体位ですね。舌から突き上げるピストン運動でプラプラと足裏揺れているのが特徴です。見応えはそれなりにあるのですが、10秒程度の短時間なのが少々惜しい点です。

そして今回の作品の一番の見所が後半最後の足裏シーン。まずテーブルの上でM字開脚になり股間を弄られるシーンで長時間足裏が登場。さらにその後セックスシーンに突入し、両足を持ち上げた屈曲位気味の体勢でドアップ足裏を見られるのでここは必見!そしてドアップ足裏だけでなく、その後股を開いた状態に映るのですが、ここでも左足の足裏が見え続けているのもポイントです。最初のドアップ足裏シーンとあわせて、トータルで50秒弱という長時間見ることができます。かなりインパクトのある足裏シーンですので、この作品を見るのであれば絶対にチェックしておきましょう。

まとめ

足裏シーンの量自体は少ないですが、内容はなかなか良い作品です。開脚騎乗位(ヨシムラ)やM字開脚、屈曲位といった体位の足裏が登場しますが、やはり屈曲位のドアップ足裏が一番の見所でしょう。ひなた澪の可愛らしさも光る作品ですので、気になる方はぜひどうぞ。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏シーンは後半最後のシーンで2ヵ所のみ登場。量としては寂しいが、ドアップ足裏・長時間足裏ありと内容はなかなか良い。

足裏ポイント
40:39 開脚騎乗位シーン。いわゆる「ヨシムラ」の体位。両足の足裏がプラプラ揺れつつも見えている。10秒程度の短い足裏シーン。
3:26:30 テーブルの上でM字開脚になり、足で股間を弄られるシーン。最初は左足の足裏だけだが、しばらくすると右足の足裏も見えるようになる。40秒程度続くのがポイント。
3:59:21 両足を持ち上げた体勢のセックスシーン。右足の足裏をドアップで見られる。しばらくすると股を開く体勢になるが、今度は左足の足裏を見られる。トータルで50秒弱くらい続くのがポイント。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする