知花みくの拘束大股開き足裏!Ma○ko Device BondageⅩ

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/03/16
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Ma○ko Device BondageX 鉄拘束マ○コ拷問 知花みく

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

内容は「」シリーズのアナルがマンコに変わっただけで、ほとんど流れは同じです。アナルならではの浣腸シーンなどは当然ありませんので、アナルと比較するとまだソフトな内容かもしれません。

登場する女優は知花みく。可愛らしい女優さんで、うつ伏せの体勢で宙吊りにされる際にぷにょっと出ているお腹のお肉がキュート。足裏はエジプト型のピンク色、足指は短めながら全体は縦長といったところでしょうか。オモチャ責めなどのプレイが続くので足指を握りしめるシーンも多く、ムッチリとした足裏に見えることも多いです。

具体的な内容としては、

  • 膝立ち拘束オモチャ責めイカセ
  • うつ伏せ宙吊り3Pファック(足裏あり)
  • 大股開きマンコ拡張責め(足裏あり)
  • 仰向け宙吊りロウソク責め&ファック(足裏あり)

といった流れになっています。

パッケージ写真の大股開き足裏がメイン!つま先は見切れがち?

1:21:06 大股開きの足裏その5

拘束系の作品らしく全体的にチラチラと足裏が見えるシーンはやや多めです。特に3シーン目ではパッケージ写真の足裏がしっかり登場しますので、ご安心ください。ただし、このシーンも含めて全体的につま先が見切れがちなのが欠点なので、その点は理解しておきましょう。

このパッケージ写真の大股開きの足裏シーンですが、つま先が見切れがちな代わりに、複数のシーンで同じ足裏を見られるのが強みです。拘束系の足裏なので見え方はかなり安定しており、オモチャ責め時には足指をギュッと握りしめるのが特徴的。ムニムニッとした足裏が好きな方は見ておきたいシーンですね。シーンによっては長時間足裏を見られるので、じっくりと足裏を堪能したい方にもオススメです。

仰向け+大股開きの足裏その2

4シーン目の仰向け+大股開きで宙吊りにされているシーンでも足裏が登場。こちらの足裏もつま先が見切れがちなのですが、作品終了直前のシーンも含め、体をクルッと回転させる際に足裏全体を見ることができるのがポイントです。短時間しか見られないのが難点ですが、ムチムチした足裏はそそるものがありますので要チェックです。

まとめ

仰向け+大股開きで一瞬だけ見えるドアップ足裏

以上、パッケージ写真の大股開きの足裏が特に見応えのある作品でした。つま先が見切れがちなのが惜しいですが、その分大股開きの足裏が多く登場するので、拘束系作品の足裏が好きな方は要チェックな作品です。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

パッケージ写真の体勢の足裏がメイン。つま先が見切れがちなのが欠点だが、その分複数のシーンで足裏を見られる。

足裏ポイント
35:16 うつ伏せの体勢で宙吊りにされて、鞭打ちされるシーン。両足の足裏全体がチラリと見える。この他のシーンでも足裏が見えるタイミングはあるが、チラリ系がメイン。
1:19:05 大股開きのローター責めシーン。少々角度があり見え辛さがあるが、足指を握りしめた両足の足裏が見えている。約40秒続くのが魅力。1:20:11から元のアングルに戻り、再び30秒程度足裏を見られる。
1:21:06 先程と同じく、大股開きのローター責めシーン。足裏は先程より見えやすくなっているのがポイント。抜くならこのシーンがオススメ。
1:34:36 2つのオモチャを使ってクリとマンコを同時責めされているシーン。大股開きの足裏というのは先程と同様だが、やや近めの足裏となっているのがポイント。つま先は見切れている。
1:41:21 大股開きの仰向けの体勢で宙吊りにされているシーン。両足の足裏がチラチラと見えているのがポイント。ただしつま先は見切れがちで、足裏全体を見られるシーンは限られている。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ(管理人)

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする