【あべみかこ】四つん這いや大股開きで足裏を見せイカされまくる女性捜査官!轟沈鉄枷地獄 EPISODE-07

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (2 投票, 平均: 4.50 / 5)
2023/07/06
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-07:秘めたる情熱の女捜査官、見世物炎上イキ殺し あべみかこ

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

尊敬する上司が行方不明になったのをキッカケに、女性捜査官の”黒谷美香”が犯罪組織「黒頭」に単身乗り込むも、敵に捕まり快楽拷問を受けてしまうという作品。

登場する女優はあべみかこ。気の強い女性捜査官として登場しますが、度重なる快楽拷問に陥落し、最後には自らチンポをしゃぶり始めるほどに堕ちてしまいます。

内容は6シーンに分かれており、

  • 立った状態の拘束オモチャ責め
  • M字開脚拘束オモチャ責め
  • 両手拘束からのセックス
  • 四つん這い拘束オモチャ責め(足裏あり)
  • 両足上げ拘束オモチャ責め(足裏あり)
  • 大股開き拘束オモチャ責め(足裏あり)

という内容になっています。

後半から四つん這いや大股開きなどの長時間足裏がガンガン登場!

足裏が登場するのは後半4シーン目から。四つん這い、両足上げ、そして大股開きの足裏が多く登場します。基本的に迫力は控えめな足裏が多いのですが、その分長時間足裏がたくさんあるので、じっくり足裏を見られるのが魅力です!

まず4シーン目の四つん這い拘束シーンでは、つま先で踏ん張る両足の足裏が登場。シーンによってはつま先も含めた足裏全体を見られるのも魅力です。なかなかの量の足裏シーンがあり、

  • 1:38:10から15秒ちょっと
  • 1:38:42から1分弱
  • 1:39:51から25秒
  • 1:40:54から10秒弱
  • 1:41:30から15秒程度
  • 1:41:55から25秒
  • 1:43:37から40秒弱
  • 1:45:09から1分弱
  • 1:46:17からやや見え辛いアングルで20秒ちょっと
  • 1:47:03からやや見え辛いアングルで1分弱
  • 1:48:20から30秒弱

とかなりの数の足裏を見ることができます。中には約1分も続く足裏シーンもあったりするので、プリケツと足裏の組み合わせが好きな方は要チェックなシーンです!

5シーン目は両足を揃えて持ち上げた体勢のシーンで、斜めからのアングルで両足の足裏を見ることができます。ここも複数の足裏シーンが登場し、

  • 1:51:33から両足のドアップ足裏が3秒程度
  • 1:52:57から1分40秒くらい
  • 1:55:16から35秒くらい
  • 1:56:17から35秒くらい
  • 1:59:45から40秒
  • 2:01:30から20秒ちょっと
  • 2:05:28から30秒程度

という内容になっています。

4シーン目と比べると足裏シーンは少ないですが、その分やや長めの足裏シーンが続くシーンです。これ以外にも足裏が見えるシーンはありますが、見え具合が微妙なものも多いです。

そして最後の6シーン目は、大股開き拘束で両足の足裏が多く登場!迫力は控えめでつま先も見切れがちですが、タイミングによっては良い足裏も見られます。ここは特に長時間足裏が多いシーンで、

  • 2:09:06から15秒
  • 2:09:50から15秒程度
  • 2:11:45から45秒程度
  • 2:12:40から約3分
  • 2:16:38から約2分
  • 2:18:48は横からのドアップ足裏も含めて約40秒
  • 2:19:59は横からの足裏も含めて約2分
  • 2:22:16から25秒
  • 2:23:09から2分10秒くらい
  • 2:25:30から約1分

といった感じで、2分越えの足裏シーンが4か所もあります。基本迫力が控えめなのが気になりますが、今回の作品の中では一番の見所でしょう。

また多くはありませんが、シーンによっては右足のドアップ足裏も登場します。軽く足指グーをしている足裏も見られるので、ここも要チェックです。

まとめ

といった感じで、四つん這い、両足上げ、大股開き拘束シーンで、あべみかこの多くの足裏を見られる作品でした。迫力が控えめな足裏が多めではありますが、それを補って余りあるくらいの量の長時間足裏を見られますし、足裏の見え具合も割と良いのが魅力です。あべみかこの足裏が好きな方はぜひチェックしておいて欲しい一本ですね!

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

後半から四つん這い、両足上げ、大股開き拘束の足裏が多く登場する。基本迫力が控えめな足裏が多いが、その分長時間足裏が多く見られるのが魅力。

足裏ポイント
1:38:10 四つん這い拘束のオモチャ責めシーン。両足の足裏が登場。まず15秒ちょっと、1:38:42から1分弱、1:39:51から25秒、1:40:54から10秒弱、1:41:30から15秒程度、1:41:55から25秒、1:43:37から40秒弱、1:45:09から1分弱、1:46:17からやや見え辛いアングルで20秒ちょっと、1:47:03からやや見え辛いアングルで1分弱、1:48:20から30秒弱、1:49:11から近めの足裏を20秒、1:50:11からイク時の足裏も含めて30秒ちょっとと続いていく。
1:51:33 両足を持ち上げた体勢のシーン。短時間の両足のドアップ足裏から始まり、1:52:57から1分40秒くらい、1:55:16から35秒くらい、1:56:17から35秒くらい、1:59:45から40秒、2:01:30から20秒ちょっと、2:05:28から30秒程度と複数の足裏が登場。他にも足裏が見えるシーンはあるが、見え具合が微妙なものも多い。
2:09:06 大股開き拘束のオモチャ責めシーン。これ以降両足の足裏を見られるシーンが複数登場する。まず15秒、2:09:50から15秒程度、2:11:45から45秒程度、2:12:40から約3分、2:16:38から約2分、2:18:48は横からのドアップ足裏も含めて約40秒、2:19:59は横からの足裏も含めて約2分、2:22:16から25秒、2:23:09から2分10秒くらい、2:25:30から約1分と続いていく。つま先が見切れていることも多め。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする