枢木あおいの制服姿素足ドアップ&屈曲位足裏が見応えあり!初めて見せる素のイキまくるセックス

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2021/09/10
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

リアルガチドキュメント 今までこんな現場なかったです 私、素のままでイキまくっちゃったよ! 枢木あおい

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

これまで多くの作品に出演している枢木あおいが、素の状態でエッチしイキまくっちゃうという内容。

作品自体は135分となっていますが、最初の20分くらいは長めのインタビューが入るので、実はここが一番枢木あおいの素が見られるのではないかと思います。それ以降のエッチシーンは素ということになっていますが、やはりカメラが向いていますからね。素に近いというくらいが丁度良いかもしれません。

内容は大きく5シーンに分かれており、

  • ロングインタビュー
  • ローターオナニー(足裏あり)
  • セックスシーン
  • 制服姿のクンニ&手コキ(足裏あり)
  • 大島丈とのセックスシーン(足裏あり)

といった内容になっています。

制服姿のドアップ足裏&屈曲位のセックス中の足裏が見所

足舐めシーンの右足のドアップ足裏

今回見所となるシーンは2か所あり、1か所目が制服姿のドアップ足裏、2か所目が後半最後の屈曲位のセックス中の足裏になります。

まず制服姿の足裏シーンについては、右足の靴下を脱いで足裏を差し出し舐めさせるのですが、そこでかなりのドアップ足裏が登場します。ドアップ過ぎて足裏の上半分しか見えない程です。足裏全体は見えませんが、つま先は映っているので迫力・見応えはありますね。制服姿+素足の足裏という組み合わせもポイントですので、お見逃しなく。

また、間近で足指をしゃぶるシーンを見られるので、足舐めが好きな方にもオススメです。

2:14:41 屈曲位の足裏

2か所目は大島丈と屈曲位でセックスしているシーンで、右足の足裏全体をやや近めのアングルで見ることができます。ピストン運動によって足裏が前後にユラユラと動いているので、人によってはちょっと気になるかもしれませんね。それでもセックス中の足裏はここだけですし、足裏を真正面からしっかり見られるのでオススメです。

その他にも前半などで横座りやM字開脚の足裏が登場しますが、基本的にチラリ足裏だったりと見応えは控えめ。ご紹介した2か所の足裏シーンがメインで、それ以外はオマケ程度と考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

35:42 M字開脚の足裏

以上、枢木あおいのドアップ足裏、セックス中の足裏を見られる作品でした。個人的には制服姿の素足の足裏を見られたのが大きかったですね。普通制服姿では靴下を履き続けるものですが、それを脱いでくれるのは足裏フェチとしては嬉しいものです。枢木あおいのシュッとした綺麗な足裏が好きな方はぜひどうぞ。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏シーンはやや少なめだが、後半の足舐めシーンと屈曲位のセックスシーンの足裏は見応えがある。

足裏ポイント
33:04 横座りの体勢のシーン。両足の足裏がチラリと見えている。10秒弱続く。
35:42 M字開脚のマンコ開きシーン。左足のアップの足裏が見られるが、大部分が見えるのは最初の一瞬だけで、以降はかかとのみとなる。
1:20:42 制服姿で右足の靴下を脱ぎ捨て、足舐めさせるシーン。右足の足裏を超ドアップで見られるが、ドアップ過ぎて基本的に上半分しか見えない。ただし迫力はかなりある。20秒弱続く。
2:02:21 全裸のM字開脚シーン。両足の足裏全体が見えているが、角度があるのでやや見え辛さがある。かなり短時間。
2:14:41 屈曲位のセックスシーン。右足の足裏全体をやや近めで見ることができるが、ピストン運動による足の動きが多いのが人によっては気になるかも?足裏全体がよく見えているのは20秒程度。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする