【神宮寺ナオ】夫の浮気に悲しむ人妻が元上司と背徳性交!だいしゅきホールド足裏の背徳エロスがたまらない作品!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 3.00 / 5)
2023/05/15
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

神宮寺ナオの妖艶な肉体が連続絶頂で乱れまくる!! 密着セックス ~元上司と悲しみを分け合う背徳性交~

シリーズ:


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

登場する女優は神宮寺ナオ。夫が浮気を続けることへの悲しみから、元上司と不倫セックスをしてしまう作品です。本来関係を持ってはいけない相手との背徳セックスの中で見られる足裏は、普通の作品の足裏とは違ったエロさがあります。

内容は5シーンに分かれており、

  • セックスシーンその1(足裏あり)
  • フェラシーン
  • お風呂場立ちバック
  • まんぐり返しクンニ(足裏あり)
  • セックスシーンその2(足裏あり)

という内容になっています。3シーン目の立ちバックシーンはかなり尺が短いので、実質4シーンと思っても良いかもしれません。

前半・後半ともにだいしゅきホールド足裏が登場!背徳シチュの足裏がエロイ!

だいしゅきホールドの足裏その3

今回の作品は、前半後半ともにだいしゅきホールドの足裏が登場するのが特徴。迫力は控えめながら複数見られるのが特徴で、背徳感のあるシチュエーションも相まってなかなかのエロさがあります。

まず1シーン目のセックスシーンでは、複数のシーンでだいしゅきホールドの右足の足裏が登場。基本側面からチラリと見える程度ですが、中にはある程度しっかり足裏が見えているシーンもあります。時間は短めでじっくりとは楽しめませんが、そこはある程度数でカバーしているといった感じです。

だいしゅきホールドの足裏その6

後半最後のだいしゅきホールドの足裏も複数登場し、ここも右足の足裏になります。4シーンくらい足裏を見られ、それぞれ10~20秒は続くのが特徴。前半と比べるとこちらの方が足裏が見えやすいのでオススメです。また1:55:55には結構珍しい足指パーのだいしゅきホールド足裏を見られるので、ここはぜひチェックして頂きたいポイントです。

38:47 四つん這いの足裏

ちなみにその他の足裏としては、1シーン目でM字開脚や四つん這いの足裏、4シーン目では一瞬だけまんぐり返しの足裏が登場したりします。どれも足裏を見られる時間は短めです。

まとめ

まんぐり返しで一瞬登場する足裏

ということで、夫の浮気に悩んでいる人妻が元上司とヤってしまう・・・というシチュで見られるだいしゅきホールド足裏が見所の作品でした。足裏の迫力は控えめですが、背徳感のあるシチュが好きなら抜ける足裏かもしれませんね。できれば中出しフィニッシュ足裏まで行って欲しかったのですが、中出し自体がないのでそこは仕方が無いですね。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

前半・後半のセックスシーンで、いずれもだいしゅきホールドの足裏が登場するのが特徴。迫力は控えめだが、複数見られるのが魅力。それ以外にも前半に四つん這いやM字開脚の足裏もあるが、時間は短め。

足裏ポイント
33:20 M字開脚でキスされながら股間を弄られているシーン。右足の足裏全体を真正面から見られるが、3秒程度と短時間。
38:47 四つん這いのフェラシーン。両足の足裏を7秒くらい見られる。
40:25 だいしゅきホールドのセックスシーン。右足の足裏がチラリと見えている。このシーン以降、複数のだいしゅきホールド足裏が登場する。ひとつひとつの足裏シーンはそこまで長くはない。
1:40:58 だいしゅきホールドのセックスシーン。ここも右足の足裏が見えている。20秒程度続き、最後の方はかなり見えやすくなる。さらに1:54:12でも再び登場し、20秒弱→10秒ちょっと、1:55:55には珍しい足指パーのだいしゅきホールド足裏も20秒程度見られる。

作品を購入する

作品名 神宮寺ナオの妖艶な肉体が連続絶頂で乱れまくる!! 密着セックス ~元上司と悲しみを分け合う背徳性交~
発売日 2019-12-28
収録時間 120分
品番 jul00091
監督
メーカー
レーベル
シリーズ
ジャンル
出演者

サンプル動画

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする