【咲乃柑菜】生意気ギャルが縛られ足裏を見せながら責められまくる!迫力ある足裏が複数登場で見応えあり!

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
2022/06/06
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

四肢縛兎-ししばくと- 咲乃柑菜

シリーズ:


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

「縄で縛るの?つまんなくない?」と完全に舐めている咲乃柑菜(蘭華)をギシギシに縛りまくり、オモチャ責めや中出しセックスでイカせまくる作品。

最初は緊縛プレイを甘く見ている咲乃柑菜ですが、実際に緊縛プレイで責められることによって陥落していきます。最後にはドMな発言も飛び出たりと、最初と最後では随分様子が変わるのが見所ですね。

内容は4シーンに分かれており、

  • 後手縛りセックス(足裏あり)
  • 失禁オモチャ責め(足裏あり)
  • 吊るし縛りセックス
  • ダルマ四肢緊縛セックス(足裏あり)

という内容になっています。

緊縛だからこその迫力ある足裏が続々登場!ムチムチしっとり足裏が間近に!

12:20 両膝抱えの足裏

足裏シーンはやや多め。緊縛プレイなので普通より良く足裏が見えているので、ひとつひとつの足裏シーンがかなり見応えがあります。

まず最初に足裏が登場するのは1シーン目の両膝を抱えたような体勢のシーン。左足の足裏全体がガッツリと見えています。咲乃柑菜の足裏はエジプト型なのですが、ここだけはちょっとギリシャ型に見えますね。また足裏の一部の皮がめくれているのも特徴的です。20秒程度とそこそこまとまった時間見られるので見応えはあるシーンです。

19:20 四つん這いの長時間足裏

両手を後ろで縛られた四つん這いの体勢でも足裏が登場。右足の足裏が見えており、迫力は控えめですが1分10秒と長時間続くのが魅力のシーンです。また失禁した際に足裏が濡れるのもポイントです。

1:33:48 四つん這いの長時間足裏その2

2シーン目と3シーン目はほとんど良い足裏シーンは無いのですが、4シーン目から再び続々と見応えのある足裏が登場。

いくつも見所はあるのですが、中でも四つん這いでオモチャをマンコに出し入れされるシーンでは、両足の足裏全体を近めでガッツリ見られるのでオススメ!50秒弱と長時間続くのも魅力のシーンです。

1:37:30 まんぐり返しのドアップ足裏

まんぐり返しのオモチャ責めシーンでは見下ろすアングルで左足の足裏全体が登場。このシーンが作品の中で一番足裏全体が正面からしっかり映っているので、ここもかなりオススメです。ピンク色でムチムチしっとりしたような質感もよく分かります。

中出し後のM字開脚足裏

作品終了直前の中出し直後のシーンでも、M字開脚の両足の足裏が登場。つま先は残念ながら見切れてしまっていますが、アップの足裏なので見応えはあります。

まとめ

四つん這いの足裏

といった感じで、1シーン目と4シーン目で良い足裏が複数登場する良作でした。特に4シーン目の足裏は迫力もあってかなり抜けますね!咲乃柑菜のような白ギャルのムチムチ足裏を間近で楽しみたい方は要チェックです!

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏シーンはやや多め。ピンク色のムッチリ足裏のドアップ・長時間足裏が登場し見応えはかなりある。特に後半の四つん這い・まんぐり返しの足裏がオススメ。

足裏ポイント
12:20 両膝を抱えるような体勢で縛られているシーン。左足の足裏全体が見えている。20秒程度続く。
19:20 四つん這いのシーン。右足の足裏全体が見えており、途中潮吹きで濡れる場面もあり。1分10秒と長時間続く。
32:01 四つん這いで激しく手マンされバックで犯されるシーン。左足のかかとからアーチ部分がアップで見られる。20病弱続く。
1:33:48 四つん這いの体勢でオモチャを激しく出し入れされるシーン。両足の足裏全体をアップで見られる。50秒弱と長時間見られるのも魅力。
1:37:30 まんぐり返しのオモチャ責めシーン。見下ろすアングルで左足の足裏全体を見られる。途中一部見切れるタイミングもあるが、全体が見える時間の方が多い。35秒程度続き、直後のシーンでも10秒ちょっと同じ足裏が登場する。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする