【みひな】両手を縛られ四つん這い拘束で足裏を見せながら責められる足裏シーン多めのSM作品!被虐のマゾ女優 みひな

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
2023/04/12
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

被虐のマゾ女優 みひな 調教記録

シリーズ:

Japanese Foot レビュー

みひながこれまで出演した作品とは一線を画すSM作品に出演。強烈なSMプレイに身悶えさせながらも感じてしまう、というような作品。(Twitterにてご紹介いただいた作品です。ありがとうございます!)

内容は約3時間で8シーンに分かれており、

  • 後手緊縛プリックローラーピンホイール責め
  • 後手吊り緊縛タコ糸灸責め
  • 後手吊緊縛ムチ&蝋燭責め
  • 四つん這い拘束の浣腸&噴射(足裏あり)
  • 四つん這い拘束オモチャ責め&バナナ挿入(足裏あり)
  • 一本柱拘束顔面羞恥責め&乳首低周波責め
  • 後手縛り蝋燭責め&イラマチオ(足裏あり)
  • 後手縛り首絞めファック(足裏あり)

という内容になっています。

実際それぞれのシーンを見てみると、確かに私がこれまで見た普通のSM作品とは違ったプレイを見られました。”プリックローラーピンホイール”とかいう名称は初めて聞きましたよ・・・。SMにはこんな責めもあるんですね。さらにはタコ糸灸責めとかいう、火のついた糸の先でツンツンする責めもあったり、乳首に低周波の電流を流す責めなんかもあったり・・・、ちょっと深いところのSMプレイを見られる作品ですね。

ちなみに7,8シーン目は作品的には2シーンに分かれていますが、実際には7シーン目の流れのままセックスへと移っていくので、まとめて1シーンと思っておいた方が良いです。

四つん這い拘束の浣腸やバナナ挿入シーンで足裏が多く登場!!

足裏が登場するのは作品中盤の4,5シーン目と、後半の7,8シーン目。特に4,5シーン目では四つん這いの足裏が多く登場するので、足裏を楽しみたいならこの2シーンがオススメです。

まず4シーン目は浣腸液を注入され、さらに蝋燭責めもされる中で我慢ならずに浣腸液を噴射してしまうという内容。ずっと四つん這いの体勢が続くので、足裏も多く見られるのが特徴です。特に右足の足裏がよく見えており、基本的にはつま先は見えませんが、中には長時間足裏があったりするのが魅力です。

チラチラと細かい足裏が見えるシーンも多いので、どれだけ足裏が見られるかというのをハッキリとは応えられないのですが、大体5~7シーンくらいは見応えのある足裏を見られるかと思います。短時間のものが多いですが、1:16:27なんかは1分くらい続きますし、1:25:52は足裏全体を50秒見られたりもするので、ここらへんは要チェックなシーンですね。

続いて5シーン目の四つん這いでアナルを責められるシーン。まずオススメシーンとしては1:38:33の、アナルビーズが抜けた直後の女の子座りのシーンで、右足のドアップ足裏が登場します。つま先が見えなかったり8秒と短時間なのが残念ですが、今回の作品の足裏の中では一番近めの足裏です。迫力のある足裏が好きな方は見ておきましょう。

さらに1:46:20の四つん這い体勢でアナルからバナナをひり出すシーン。最初は右足のドアップ足裏を20秒程度見られ、その後は両足の足裏全体を1分ちょっと見られるという、なかなかの長時間足裏シーンになっています。トータルでは1分半くらいとじっくり足裏を楽しめるうえ、その後も両足の足裏シーンがチラチラ登場するのも魅力です。

ここも細かい足裏を含めて多くの足裏が登場するので、ハッキリどれだけ足裏を見られるのかは言えませんが、ある程度見応えのある足裏シーンは7シーンくらい?といった感覚です。

中でもしっかり足裏が見えるのが、先程も紹介したバナナをひり出したりするシーン後半の部分なので、足裏の大部分をしっかりじっくり見たいなら最後の辺りがオススメです。

ちなみに7,8シーン目では黒ストの足裏も登場しますが、足裏を見られるシーンが限られていたり短時間だったりで、これまでの足裏シーンと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。一番ハッキリ足裏が見えているのは屈曲位の黒スト足裏ですが、ここも8秒程度とあまり長くはありません。黒スト足裏好きな方は物足りなさを感じるかもしれませんね。

まとめ

以上、SMプレイで責められまくるみひなの四つん這い足裏を多く見られる作品でした。足裏を見られる体勢のバリエーションは少ないですが、その分足裏を多く見られたり、その中にもドアップ足裏や長時間足裏があるのが良かったですね。一番足裏をしっかり見られるのは5シーン目最後辺りなので、ここら辺のシーンは必見です!

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

作品中盤の4シーン目と5シーン目で四つん這いを中心とした足裏が多く登場する。結構細かく分かれているが、中には長時間足裏やドアップ足裏もあるので見応えは十分にある。

足裏ポイント
1:11:01 四つん這い拘束の浣腸液注入→噴射シーンや蝋燭責めシーン。主に右足のつま先で踏ん張った足裏を複数のシーンで見られる。まず20秒見られ、1:16:27では1分くらい見られる。1:25:52では足裏全体を50秒くらい見られ、さらにその後も1分半くらい足裏を見られるのでここもオススメ。
1:38:33 アナルビーズが抜けた後の女の子座りのシーン。両足の足裏、特に右足の足裏はドアップで見えている。つま先は見切れている。8秒程度と短時間だが、前後のシーンでもチラチラ足裏が見えている。
1:46:20 女の子座り気味の四つん這い体勢でアナルからバナナをひり出すシーン。最初右足のドアップ足裏を20秒程度見られ、その後は両足の足裏全体も登場。トータルで1分半くらい続くのが魅力。その後も両足の足裏がチラチラと登場するのが特徴。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする