肉厚足裏を羽根でくすぐられる卯水咲流!さらに四つん這いの足舐めも!帰ってきた麗しのマネキン夫人

評価:
残念そこそこまぁまぁ良かった素晴らしい! (3 投票, 平均: 4.33 / 5)
2022/09/19
0
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

帰ってきた麗しのマネキン夫人~非モテ男の妄想!暴走!溺愛!同棲生活~ 卯水咲流

シリーズ:


(レーベル:

Japanese Foot レビュー

」シリーズ。

登場する女優は卯水咲流。動きもなく反応もないマネキンとして登場するのですが、セックスシーンなど一部では明らかに我慢している顔を見ることができます。賛否両論でしょうが、これがウリなんですよね~。

前半と後半にそれぞれセックスシーンがあり、いずれも中出しフィニッシュになります。そして後半最後にはNGシーンがあるのも大きな特徴。卯水咲流の素のリアクションを見られたり、普通に喘ぎながらセックスしていたりする様子も見ることができます。

羽根で足裏を掃除するシーンでドアップ足裏登場!NGシーンも要チェック!!

1:12:58 左足のドアップ足裏その2

見所は前半と、後半NGシーンにもある羽根で足裏を掃除されるシーン。どちらも左足の足裏を羽根で掃除・・・というか、くすぐられまくっているシーンになります。どちらもエジプト型の肉厚足裏全体がガッツリと見えており、インパクトがかなりあります。

オススメはNGシーンの方の足裏で、本編よりも程良く引いたアングルということと、ほぼ正面から足裏全体を見ることができるのが良いですね。しかも本編は15秒ちょっとの長さなのに対して、NGシーンは30秒→20秒と2か所もまとまった時間見ることができます。なので簡単に言うと、本編の足裏はインパクト重視、NGシーンの足裏はバランスタイプといった感じでしょう。

53:07 四つん這いの足舐め足裏

ちなみに本編後半には四つん這いの足舐めシーンも登場。斜め後ろからのアングルでドアップ足裏を見られますが、角度があるので足裏は結構見え辛いです。足裏よりも足舐めが好きな方向けといったところでしょう。

さらに寝バックのセックスシーンでは遠めの足裏を見ることもできます。迫力はほとんどありませんので、オマケ程度です。

まとめ

8:32 左足のドアップ足裏

以上、卯水咲流の肉厚足裏をドアップで見られる作品でした。NGシーンではくすぐりに対する反応も見られるため、くすぐりフェチな方にもオススメできそうな内容ですね。

足裏ギャラリー(サンプル画像)

※足裏シーンはここに掲載されているもの以外にも存在する場合があります。

作品内の足裏ポイント

※足裏ポイントの記載は最大5つまで。作品によってはそれ以上ある場合もあります。

足裏を掃除されるシーンがドアップで見られるのでオススメ。足裏自体も肉厚感があるのが魅力。

足裏ポイント
8:32 左足を持ち上げて羽根で足裏を掃除されているシーン。足裏全体をドアップで15秒ちょっと見られる。
53:07 四つん這いの足舐めシーン。斜め後ろからのアングルで両足の足裏を見られる。側面からの足裏なので見え辛さはあるが迫力はある。25秒程度続く。
1:12:58 前半の足裏を羽根で掃除されているシーンのNGパターン。本編よりも程良く引いたアングルで、正面から左足の足裏全体がとてもよく見えている。約30秒続く。1:13:43も同様の足裏が登場し、こちらは20秒程度続く。

作品を購入する

この記事を書いた人

タワシ

足裏フェチサイト「Japanese Foot」を運営しています。ギリシャ型のデカ足や、肉厚な足裏など、インパクトのある足裏が好みです。日本人女性の足裏以外にも、二次元(同人)作品や外国人の足裏なども好きです。

コメント

まだコメントはありません。

コメントする